• info@standwithsyriajp.com

タグアーカイブ Ossama Mohammed

【Held on 23 Dec 2016】Syria, The Lives living in-between War and Love: Film Screening of “Silvered Water, Syria Self-Portrait” and Panel Talks with Experts

15168776_1348059461894893_2041274299590019146_o

Dear all,

It has been a year since the last event“Stand with Syria Now: Film Screening of Return To Homs and Open-Discussion”.
A year passed… very, unfortunately, to mention that the Crisis of Syria has escalated even more with over 47 thousand deaths and 4.8 million Syrian-refugees. Precious lives are dying at this very moment in Syria.

15493784_1376744622359710_8283519227553335446_o

I have been working on this new event-project when I finished organizing the last one. There have always questioned: “Where Syria is heading…?” and “How the lives living in Syria where became a war-zone?”. I have always faced Syria where is only and dearest home for Syrians. Sometimes, I could not sleep well due to the horrifying situation going on Syria. I felt hopeless and powerless to see the fact that no single effective solution has promoted over five years but people are certainly losing their homes, foods, opportunities, and lives. However, I cannot just stand still; I have to keep going ahead to make changes for Syria. Those thoughts brought the upcoming event, “Syria, The Lives living in-between War and Love: Film Screening of “Silvered Water, Syria Self-Portrait” and Panel Talks with Experts” on 23rd December 2016.
We will be screening a film Silvered Water, Syria Self-Portrait by Ossama Mohammed on the event. We will also invite professional Arab Literature, Photo-journalist who served with Free Syrian Army and a young Syrian man who became a refugee in Japan. The aim is always the same; to light the actual people who are living under horrific the Crisis of Syria.
Let’s show our solidarity for Syria, let’s prove to the world that we are not abandoning people of Syria.
No reservation required, please come to the venue directly!


***Details of Events
◇ Syria, The Lives living in-between War and Love: Film Screening of “Silvered Water, Syria Self-Portrait” and Panel Talks with Experts
【Date】23rd (FRI) December 2016
【Venue】Auditorium of Building 9, Rikkyo University (Ikebukuro Campus)
⇨Campus Map
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
【Entrance】FREE
【Capacity】500
【Program】
14:00 Opening Remarks: Masako Ishii, Professor of Department of Intercultural Communication of Rikkyo University

《Session 1: Film Screening》
14:10 Silvered Water, Syria Self-Portrait(96min)
15:50 Break

《Session 2: Expert-Talks》
16:00 Kaoru Yamamoto (Arab Literature) “Commentary of the film: Syria through literature”
16:30 Shin Yahiro (Photojournalist) “Syria: Actual Side of the Revolution”
17:00 Break
17:30 Yasser Jamal Al-Deen (“Syrian Refugee in Japan) “Myself and Syria, and Japan”
18:00 Icchiku Yamada “Thinking of Syria Now: Interviews with Journalist Takeshi Sakuragi and with Syrians”
18:20 Q&A Session

18:50 Closing Remarks: Icchiku Yamada

【Links】
Facebook: https://www.facebook.com/events/677349789091147/
Rikkyo University Website: http://www.rikkyo.ac.jp/events/2016/12/18477/

【Silvered Water, Syria Self-Portrait Details】
Director: Ossama Mohammed, Wiam Simav Bedirxan
Videos and Photos: Wiam Simav Bedirxan, 1001 people of Syria, Ossama Mohammed
Country: Syria | France
Language: Arabic
Filming Locations: Homs, Syria
Runtime: 96 min
Production Co: Les Films d’Ici, Proaction Film
Distribution Company in Japan: Tereza and Sunny (テレザとサニー)
Known asةضفلا ماء , シリア・モナムール, Eau argentée, Syrie autoportrait
Story:
The astonishing collaboration between exiled Syrian filmmaker Ossama Mohammed and young Kurdish activist Wiam Simav Bedirxan distills footage from thousands of clandestine videos to create a shattering, on-the-ground documentary chronicle of the ordeal being undergone by ordinary Syrians in the ongoing civil war.
In Syria, every day, activists and people film then die; others kill then film. In Paris, Syrian filmmaker Ossama Mohammed, driven by his inexhaustible love for Syria, he finds that he can only film the sky and edit the footage posted. From within the tension between his estrangement in France and the revolution, an encounter happened. Simav from Homs began to chat with me, asking: ‘If your camera were here, in Homs, what would you be filming?’.
At once tragic and miraculous, Silvered Water, Syria Self-Portrait is a shattering portrait of the ordeal being endured by ordinary Syrians, even as its very existence attests to the spirit of possibility that even the most brutal repression cannot crush.
(Via Production and TIFF)
The Special Screenings section of the 2014 Cannes Film Festival.
Winner of Grierson Award, London Film Festival, 2014.
Winner of Gandhi’s Glasses Award – Special Mention, Torino Film Festival, 2014.
Winner of Prize of Excellence, Yamagata International Documentary Film Festival, 2015.

モナムール DVD

YouTube: https://youtu.be/a9Mo6OUF_Hg

◇ Photo Exhibition by Shin Yahiro | Syria: Lives in-between the Revolution and Love
【Date/Period】
21st (WED) December 2016 – 25th (SUN) December 2016: 5days
12:00pm-8:00pm
【Venue】Room 9202, building 9, Rikkyo University (Ikebukuro Campus)
⇨Access Map
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
【Entrance】FREE
【Photos】21 photographs taken in Syria. Mr. Yahiro has spent time with Free Syrian Army and in revels’ town.

 

【Pamphlet】

スクリーンショット 2016-11-26 16.31.14

 

By Icchiku Yamada

【12月23日開催】「シリア−戦火と愛の慟哭…その狭間を生きる命『シリア・モナムール』上映会・講演会」| 同時開催写真展

15168776_1348059461894893_2041274299590019146_o皆さま、大変ご無沙汰しております。
立教大学異文化コミュニケーション学部の山田一竹です。

皆様、お変わりはありませんでしょうか。
「今、等身大で彼らに向き合う『それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさと』上映会・討論会」を開催してから、早くも一年が経とうとしています。あれから一年…残念ながら、シリアを巡る状況は熾烈を極め、混迷の一途を辿っています。シリア内戦に伴う死者数が30万人を超え、400万人を超える人々が難民として避難を余儀なくされました。シリアでは、今この瞬間にも尊い命が燃え尽きています。

15493784_1376744622359710_8283519227553335446_o
前回のイベント終了時より、第二弾の企画を進めてきました。「シリアはどこへ向かっているのか、そこに生きる命の鼓動とは…」僕はシリアに、彼らの愛する故郷に向き合い続けてきました。時には、あまりにも凄惨な状況に眠ることすら出来ないこともありました。ドロ沼化が止まらず、解決の糸口すら見えない状況に遣る瀬なさと無力感でいっぱいになる事もありました。それでも僕はここで立ち止まるわけにはいかないのです。「膨大な犠牲者数の裏にある、一人ひとりの姿、物語に想いを馳せ、彼らの痛みを忘れないでほしい」。12月23日開催、「シリア−戦火と愛の慟哭…その狭間を生きる命『シリア・モナムール』上映会・講演会」是非お越しください。

『私たちは、シリアを見捨ててはいない』、再び会場に集い連帯を示す機会としましょう。
それでは、当日、皆様にお会いできることを心より願っております。

以下、イベントの詳細です。


【概要】
当イベントは、シリアよりパリへ亡命した映画作家オサーマとシリアの前線でカメラを廻し続けるシマヴの物語を1001人のシリアの人々がSNSへ投稿した映像でつなぎ合わせた映画「シリア・モナムール」の上映を通し、シリアで繰り広げられる荒れ果てた暴力と、それに翻弄され、絶望の淵に追いやられながらも、希望を求め続ける人々の存在に触れます。上映後には、アラブ文学者による映画解説を得た後、シリアで反政府運動に身を投じる若者たちの日常を追ったフォトグラファー、在日シリア難民の方、学生を交え、討論会を行い、シリア情勢を複眼的視座より考察することで理解を深める。「生きるとは…。そして、命とは…。」遠く離れた日本で「平和」を当たり前に享受する私たちが忘失した疑問を覚醒し、シリア危機を他人事からより身近な問題へと転ずる機会とする。
イベントと並行して、12月21日〜25日まで写真展を開催する。フォトグラファー八尋伸 氏が2012年よりシリアで撮影した写真20点(自由シリア軍兵士や家族の日常、アレッポの戦闘など)を展示し、シリア紛争を生き抜く個々の素顔に触れる。

【上映会・講演会】
12月23日(金曜・祝日)
会場:立教大学池袋キャンパス 9号館2階 大教室
⇨立教大学池袋キャンパスへのアクセス: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
⇨立教大学池袋キャンパスマップ: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
入場無料、予約不要、どなた様も直接会場へお越しください。

◆プログラム◆
14:00 開会挨拶:趣旨説明 石井正子(立教大学異文化コミュニケーション学部 教授)

《第一部:映画上映》
14:10 映画上映開始(96分間)
15:46 映画上映終了・休憩

《第二部:トークセッション》
16:00 山本薫 氏「映画解説-文学から見つめるシリア」
16:30 八尋伸 氏「シリア 革命の素顔」
17:00 休憩
17:30 ジャマール 氏「私とシリア、そして、日本。」
18:00 山田一竹「今、シリアに想う:ジャーナリスト桜木武史氏とシリア人へのインタビューを通して」
18:20 登壇者との質疑応答

18:50 閉会挨拶: 山田一竹(立教大学異文化コミュニケーション学部 4年)

◆映画詳細◆
「シリア・モナムール」(英題:Silvered Water,Syria Self-Portrait,アラビア語:ةضفلا ماء
フランス語:Eau argentée,Syrie autoportrait)
シリア・フランス/2014年/96分/アラビア語(日本語字幕)
監督・脚本:オサーマ・モハンメド、ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン
写真・映像:ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン、1001人のシリアの人々、オサーマ・モハンメド
配給:テレザとサニー
後援:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭
ストーリー:亡命先のパリで、故郷シリアの置かれた凄惨な実状に苦悩し続けていたひとりの映画作家、オサーマ。苛烈を極める紛争の最前線で繰り返される殺戮の様子は、日々YouTubeにアップされ、ネット上は殺す者、殺される者双方の記録で溢れかえる。カメラを持たない映画作家が、シマヴというクルド人女性に愛の希望を見出し、1001の映像を自らの眼で選択し、ストーリーを構築した本作は、夥しい犠牲者と戦場を捉えるドキュメントにはとどまらず、その個々の死に刻まれた深い傷と愛、絶望の中でも普遍の愛を見出していく、命についての物語である。カンヌ国際映画祭2014特別招待作品、ロンドン映画祭2014ベストドキュメンタリー賞、  山形国際映画祭2015優秀賞、その他多くの国際映画祭にて正式上映。
・映画詳細: http://www.syria-movie.com/introduction
・予告編: https://youtu.be/kPdb3ljW1C8

◆登壇者略歴◆
《外部登壇者》
山本 薫 氏
東京外国語大学外国語学部アラビア語学科卒業。シリア、エジプトへの長期留学を経て、東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程修了。専門は、アラブ文学・文化論。東京外国語大学ほか講師・研究員。主な論文に「現代シリアの作家たち―監視下の創造力」『シリア・レバノンを知るための64章』(明石書店)、「我々を隔てることはできない―映画『スリングショット・ヒップホップ』が見せたパレスチナラップの可能性」『インパクション175号』(インパクト出版会)他。翻訳書にエミール・ハビービー著『悲楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事』作品社、2006年。

八尋 伸 氏
中東の社会問題、紛争、難民、災害等を関心領域とする。2010年頃より、主に、タイ騒乱、エジプト革命、ビルマ紛争、シリア内戦、東日本大震災、福島原発事故を取材し発表。シリア内戦シリーズで2012年上野彦馬賞、2013年フランスのThe 7th annual Prix de la photographie, Photography of the year受賞、ビルマ民族紛争シリーズで米国のThe 7th Annual Photography Master Cup, Photojournalism部門でノミネート等、国内外で活躍。

ジャマール 氏
シリア、ダマスカス出身。現在24歳。ダマスカス大学で英文学を専攻していたが、内戦の激化に伴い、戦火をくぐり抜け2013年2月に母と妹と共にシリアを出国。2013年10月に来日。1年半の間、難民認定許可が下りるのを待ち続け、2014年に日本政府より正式に難民認定を受ける。現在、日本の大学入学に向け、日本語学習に励む一方、シリア内戦下に暮らす支援を必要とする人々の命を繋ぐための支援活動を続ける。

桜木 武史 氏(*山田一竹よりインタビュー内容の報告)
フリーランスのジャーナリストとして、2002年よりパキスタン、アフガニスタン等を取材。その後、「アラブの春」に関心を持ち、2012年3月から2015年4月まで計5度に渡り、シリアに足を運ぶ。著書『シリア 戦場からの声-内戦2012−2015』(アルファベータブックス)において、戦火の中で必死に生きる市民の姿を記録し、複雑な背景を知らない読者と同じ目線でシリア内戦を描いているとして高く評価され、2016年「山本美香記念 国際ジャーナリスト賞」を受賞。

【八尋伸 写真展 シリア-革命と愛の狭間に生きる命】
2016年12月21日(水曜)〜25日(日曜) 12時00分〜20時00分*
※5日間連続開催。
会場:立教大学池袋キャンパス 9号館 9202号室
⇨立教大学池袋キャンパスへのアクセス: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
⇨立教大学池袋キャンパスマップ: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
入場無料、予約不要、どなた様も直接会場へお越しください。
八尋伸 公式HP: http://www.shin-yahiro.com/

*初日16時00分open~、最終日~17時00分close、23日は10時00分〜12時00分の部と19時00分〜21時00分の部。22日・24日は通常運営

・立教大学公式イベントページ:
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2016/12/18477/

パンフレット

スクリーンショット 2016-11-26 16.31.14

スクリーンショット 2016-11-26 16.32.10

上映映画「シリア・モナムール」パンフレット

15193500_1350043408363165_2389303498940383653_n