• info@standwithsyriajp.com

タグアーカイブ Aleppo

【10月27日開催】シリア −引き裂かれた命、過去と未来−「アレッポ最後の男たち」上映会・シンポジウム

Stand with Syria Japan – SSJ では、10月27日(土)に、シリア危機をそこに生きる人びとの視点で考える映画上映シンポジウムを開催します

8年目のシリア危機は、戦闘的な側面からは終息に近づいているという見方から、日本を含めた国際社会や大国が「復興」へ向け、舵を切り始めています。
しかしながら、シリアでは現在も組織的な殺戮と破壊が続き、この瞬間にも尊い命が奪われており、今日も故郷への帰還が叶わない人びとがいます。そのような状況下でも、今も多くの市民が尊厳を求めて抗議を続けています。
本シンポジウムは、このような「転換期」に、この8年の悲劇を振り返り、そして、シリアの未来を共に考える機会となります。

概要

◇プログラム(開場12時30分)13時00分 開会
開会挨拶・趣旨説明:Stand with Syria Japan 代表 山田一竹|理事 山澤宗市- 映画特別上映 –
13時10分 映画特別上映
「アレッポ最後の男たち(Last Men in Aleppo)」
14時55分 休憩- トーク・セッション –
15時05分 藤原亮司氏(ジャーナリスト・ジャパンプレス)
15時25分 質疑応答
15時40分 休憩
15時45分 バラ・アル=ハラビー氏(シリア人フォトジャーナリスト)*スカイプ登壇
16時25分 質疑応答
16時45分 休憩- 映画製作・撮影者とのスカイプ・セッション –
16時50分 ファディ・アル=ハラビー氏
(シリア人フォトグラファー・「アレッポ最後の男たち」撮影監督)
17時30分 質疑応答17時50分 総括 「連帯という希望」 Stand with Syria Japan 代表 山田一竹
18時10分 閉会

◇イベント概要
終息に近づいていると言われるシリア危機。国際社会や大国が「復興」へ向け、舵を切り始めた。しかしながら、シリアでは現在も組織的な殺戮と破壊が続き、この瞬間にも尊い命が奪われている。そのような状況下で、今も多くの市民が尊厳を求めて抗議を続けている。このような「転換期」にこそ、この8年の悲劇を振り返り、そして、シリアの未来を共に考えなければならない。当日は、ドキュメンタリー映画「アレッポ最後の男たち(Last Men in Aleppo)」(2017)を特別上映する。2015年から包囲下のアレッポ東部で撮影された本作は、これまでノーベル平和賞にノミネートされるなど、その人道性を国内外から高く評価されている「ホワイト・ヘルメット」のメンバーに光を当てており、悲劇の中でも懸命に生きる選択をする彼らの様子が見事に描き出された作品である。「ホワイト・ヘルメット」はテロリストであるというプロパガンダ的言説が広がる中、彼らの誇り高き人間性に迫ると同時に、この8年間、シリアの市民が過酷な状況で暮らすことを強いられてきた真実と、苦しみながらもそこを生き抜く人びとの真の姿を知ることができる。
トークセッションのゲストには、シリアを取材されたジャーナリストの藤原亮司氏(ジャパンプレス)、この作品が撮られた際にアレッポで活動していたシリア人フォト・ジャーナリスト バラ・アル=ハラビー氏を迎え、それぞれの取材に基づき、シリアの未来に思うことをお話しいただく。
さらに「アレッポ最後の男たち」の撮影監督である、ファディ・アル=ハラビー氏と会場をスカイプで繋ぎ、撮影の背景、映画の秘話、ホワイトヘルメットに対するプロパガンダ、彼らが作品に託した想いなど映画製作の裏側のお話をうかがう。また、ファディ氏はシリア国内で活動しているため、現状についても報告を得る。

本シンポジウムは、当事者であるシリア人を中心に据えることを最大の目的とし、「復興」という都合の良い言葉で彼らの存在が置き去りにされようとする中、綺麗事では済まされない現実に命懸けで抗う人びとの声に耳を傾ける。
また、当日会場に集うことで、日本に暮らす私たちの「シリア危機を生きる人びとへの連帯」、「尊厳を求め続ける人びとへの連帯」を示す。

シリアの人びとに寄り添いながら、シリアの過去を振り返り、そして共に未来を考えたい。

 

◇ 日時:2018年10月27日(土)13時00分~18時10分(開場:12時30分)
◇ 会場:東京大学駒場キャンパス 18号館1階ホール(最寄り駅: 駒場東大前駅)
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
◇ 定員:190名(先着順)

◇入場料:1000円
→ シリア女性自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」の『くるみボタン』付き。ボタンはシリアの女性が手作りで一つひとつ、一針ひと針に想いを込めたシリアの温もりを感じられる素敵な作品です。シリア支援に繋がります。
※ 種類はこちらで選ばせていただくことを予めご了承ください。

◇予約不要
:直接会場にお運びください

◇主催:Stand with Syria Japan – SSJ
◇後援:UNHCR駐日事務所

◇「アレッポ最後の男たち」
監督 :フィアース・ファイヤード
製作国:デンマーク、シリア
製作年:2017年
上映時間:104分
言語:アラビア語(日本語・英語字幕)
受賞:2017年サンダンス映画祭ワールド・シネマ ドキュメンタリー・コンペティション部門審査員大賞グランプリ、2018年(第90回)アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート、2018年エミー賞最優秀時事ドキュメンタリー賞(Outstanding Current Affairs Documentary)受賞。

スクリーンショット 2018-10-05 21.35.49

・映画あらすじ
2015年−2016年冬、シリアのアレッポ東部は政権軍と同盟勢力から一層激しい攻撃にさらされた。爆撃は昼夜を問わず続き、罪のない子供や大人が無残に殺されていく。人々が逃げ惑う中、瓦礫の中から生存者を救うため、危険を顧みず爆撃地に向かう「ホワイト・ヘルメット」隊員たち。傷つきながらも人びとを助け出す彼らは時にヒーローとして語られる。しかし、彼らが見つめる先には、息絶えた赤ん坊、バラバラになった遺体、冷たくなった子供を抱き寄せ泣き崩れる父親。そして、彼らにもまた、愛する家族がいる。アレッポへの包囲攻撃が強まり、家族にも危険が及ぶ中、そこには、故郷に留まり活動を続けるべきか苦しみ抜く彼らの姿があった。
本作品は、シリア最前線「ホワイト・ヘルメット」隊員の苦悩と葛藤を丹念に描いた、我々の想像をはるかに超える愛と勇気の物語である。

 

◇登壇者プロフィール (登壇者は都合上変更となる可能性があることを予めご了承ください)

・藤原亮司 氏
Fujiwarasan
ジャーナリスト(ジャパンプレス所属)。1967年、大阪府生まれ。1998年からパレスチナ問題の取材を行い、シリア、レバノン、コソボ、アフガニスタン、イラク、ヨルダン、トルコなどにおいて「紛争地に生きる人びと」を中心に紛争難民問題を取材。国内では在日コリアン、東日本大震災や原発被害の取材を行っている。著書に『ガザの空の下――それでも明日は来るし人は生きる』(2016年、dZERO(インプレス))。

 

・バラ・アル=ハラビー氏
11136726_770781809706973_1248441762342208098_n.jpg
アレッポ出身シリア人フォトグラファー(フォトジャーナリスト)。2011年にシリアで革命が始まったことでフォトグラファーとしての仕事を開始する。当初はアレッポ各地で行われていたデモの記録写真を撮り、インターネット上に投稿していた。2011年6月にアサド政権に拘束されるが、保釈金を払い一ヶ月後解放される。自由シリア軍がアレッポ市に入ってからは、ブスターン・カスル地区に移り住み、政権の侵害行為やアレッポ東部への空爆などを毎日記録し続ける。2016年にアレッポが封鎖されたのち、イドリブ郊外に移り、その後トルコに移り、さらにフランスへ政治亡命。2013年から2016年末までAFPで働いた。2015年にアラブ世界研究所の最優秀報道写真賞(アル・フジャイラ)を受賞。

 

・ファディ・アル=ハラビー氏
Fadi 1

アレッポ出身シリア人フォトグラファー(シネマトグラファー)。1994年生まれ(24歳)。2011年よりフォトグラファーとしての活動を開始し、主に紛争状態となったアレッポを撮影。2012年、国際的メディアへ記録写真と映像を提供する「アレッポ・メディアセンター」(AMC)を共同設立。傷つく市民の様子を世界に伝え続けると同時に、ホワイト・ヘルメットの活動の様子を記録し続ける。2013年から2016年末までAFP所属のもと活動に当たる。現在もフリーランスとしてCNN, BBC, Channel 4など国際的メディアに従事している。
ホワイト・ヘルメット隊員を追ったドキュメンタリー『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』(2016)の映像撮影を担当。この作品で2016年度(第89回)アカデミー短編ドキュメンタリー賞を受賞。2015年の秋から『アレッポ最後の男たち』の映像監督を務める。2017年4月4日に起きたシリア北部ハーン・シャイフーン村への化学兵器攻撃の現場に駆けつけ、被害の状況をいち早く世界へ発信。この映像はCNNより『Syria: Gasping for Life in Khan Sheikhoun』(2017)として放映され、この報道映像で2018年エミー賞最優秀重大ニュース放送賞(Outstanding Hard News Feature Story in a Newscast)を受賞。
・山崎やよい 氏 (通訳)
考古学者。シリア女性の自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人。1989年よりシリア第2の都市アレッポをベースに活動を続ける。テル・アバル、テル・コムロック発掘調査、テル・ハディヤ発掘調査、テル・ベイダル発掘調査、アインダーラ神殿遺跡修復事業などに参加し、シリア国立アレッポ大学考古学科講師を歴任。帰国後もシリアについて、メディアやブログで発信を続けている。

・山田一竹
Stand with Syria Japan – SSJ 代表。東京大学大学院 総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム修士課程在籍(ジェノサイド研究)。1993年生まれ(25歳)。2016年 立教大学異文化コミュニケーション学部より学士号取得。2014年 英国高等教育機関 Foundation for International Education にて紛争分析・解決プログラム修了、現地の難民支援団体にて支援活動に当たる。2017年 非営利団体「Stand with Syria Japan」設立・代表就任。日本におけるシリア危機の関心向上と意識変革を目指した活動を国内外で展開している。

 


Facebook イベントページhttps://www.facebook.com/events/492509474485995/

 

 

お問い合わせフォーム

 

 

[contact-form][contact-field label=”Name” type=”name” required=”1″ /][contact-field label=”Email” type=”email” required=”1″ /][contact-field label=”ご所属” type=”textarea” /][contact-field label=”Comment” type=”textarea” required=”1″ /][/contact-form]

終戦(敗戦)の日に寄せて —シリア危機:問われる私たちの「人道」

終戦(敗戦)の日に寄せて

—シリア危機問われる私たちの「人道」


Stand with Syria Japan 代表
東京大学大学院総合文化研究科

「人間の安全保障」プログラム
山田一竹

 

1945年8月15日、長い戦争が終わった。日本において310万人以上、アジア全域で2,000万人以上、世界では6,000万人以上、統計によっては7,000万人以上が犠牲となった「第二次世界大戦」である。日本では、毎年この時期になると、戦争に関する様々な特番が組まれ、生存者の証言がメディアに登場する。各地において追悼セレモニーが執り行われ、多くの人が平和を祈念する機会となる。このように多くの日本に暮らす人々が平和や戦争に想いを馳せることは非常に重要である。私自身、祖母が大戦経験者であり、その体験談が私を平和研究へと導いたため、8月15日には特段の思い入れがあり、黙祷を欠かさない。
とは言うものの、どうしても気がかりなことがある。それは、この8月に限り、日本だけの「平和」について考え、過去の「戦争」の惨たらしさについてのみ考えるという「内向性」と「限定性」である。

凄惨な大戦から72年が経った現在、世界はまるで72年前に逆行するように、不和と分断、憎しみや怒りに覆われている。シリアでは、2011年3月より自由と尊厳そして正義を求めた平和的なデモが内戦へと突入し、はや6年が経過している。死者数が47万人を超えたという統計(Syrian Centre for Policy Research)もあり、これまで480万人以上が家を追われて難民となった。2011年以前は79.7歳あった平均寿命も現在は55.7歳を切っていると言われている。

1
©Fadi Al-halabi | A Photographer from Syria | My Sincere Thanks to Dear Friend Fadi for the Powerful Pictures.

まさに廃墟と化したシリアにおいて、人々が爆撃の被害に遭い、命懸けで海を越えている様子は皆さんも一度は報道などを通して目にされたことがあると思う。それでも、人々の祈りがシリアの危機的状況に向けられることは極めて少ないと感じる。多くの人にとって、どれだけの人が爆撃で死んでいっても、「どこか遠い国で起こる野蛮な戦争の可哀そうな犠牲者」としてしか映らず、あくまで「他人事」なのであろう。

無論、シリアは物理的にも遠く、そもそも日本にとって馴染みの無い国であるから「自分事」として捉えろという方が無理矢理な要求だとも思う。私自身、日本とシリアの状況は余りにもかけ離れていることを痛感しているし、「自分事」として考えられない人々を責めることはできない。
それでも、現実として、人類史上でも最悪の分類に入るであろう「人道危機」が同じ世界で起きていて、多くのシリアの人々がこの瞬間にも無残に死んでいっていることを知っているにしては、日本における反応は余りにも薄い。
そこにはおそらく心理的要因が大きく働いているのではないだろうか。私自身、ここまで原稿を書く上で犠牲者を単なる「数」として表象、いや切り捨ててきた。これは、私にとって大きな苦痛が伴う作業である。それは、犠牲者数の裏には、そこに生きた一人ひとりの「個の生」が存在しているからである。

日本におけるシリア危機に関する報道のほとんども、戦況や大国の意向など国際政治を主軸にしたものである。もちろんこういった報道はとても重要で有益である。しかし、そこから膨大な犠牲者数の裏にある一人ひとりの姿を想像することは難しい。

皆さんは想像してみたことがあるだろうか。

Voices from Syria − What We Want is Freedom: A Member of White Helmets from Aleppo

On 23rd of December 2016, an event “Syria, The Lives living in-between War and Love: Film Screening of Silvered Water, Syria Self-Portrait and Panel Talks with Experts” was held in Tokyo.
A member of White Helmets, Mr. Ismail Alabdullah, expressed his feeling, thoughts, and hopes via Skype from Aleppo which was JUST fallen by the government forces. The message explains how the military mission carried by the troops in Eastern Aleppo was inhumane and innocent civilians were killed. And still, numerous civilians are facing terrible suffering today.
The message was towards people in Japan. However, I believe his words will be a wake-up call for every one of us in today’s world somehow.

Here is the whole description of the message delivered by Mr. Alabdullah

_dsc6290 


I am now on the western side of Aleppo. We were forcibly displaced to the western side of Aleppo from the eastern side after being bombed intensively and the 15-days of siege that followed. The situation was indescribable. Because people were suffering from hunger and lack of medicines, hospitals and humanitarian organizations: nothing was there to help wounded people. The siege of Aleppo started three months ago. There are still people staying in the blockade who cannot move, such as elder adults, orphans, disabled persons, and few soldiers of Free Syrian Army (FSA).
Besides this desperate situation, the government side forces have used chemical weapons which are internationally prohibited. These bombardments had been destroying all types of buildings to make it impossible for people to live. All sorts of buildings were targeted including buildings that offered basic-needs for people under the siege; nothing left at the end. The eastern side of Aleppo became an absolute place where nobody can live, an absolute place where even animals cannot live because of explosive sounds.
I myself had been locked in the buildings more than 24 hours; I had to move from premises to premises through holes we made on the walls to avoid the airstrikes. I witnessed the snipers of the regime shooting and killing civilians and numerous people under the mountain of rubble. It was so very intensive bombings. I also work as a journalist, but even those journalists could not take any photos or record any videos because of the intense situation. We left more than 20 dead people under the rubble including elder people because the airstrike had not stopped at all.

I warned the media from the first day of the siege that this situation, which I explained now, would inevitably happen; however, nobody listened and reacted.

%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

Next, I would like to explain the food situation in Aleppo. Currently (Dec. 2016), only 5 pieces of bread (Markook: flat type of bread) for 5 people in 2 days (only half a piece of bread per person a day) are delivered. Distribution is not organized well. The accurate number of family members would not be considered, for example. Thus, no matter a family has 7 or 10 or 15, it is out of concern in this horrifying situation.
Also, the unsanitary water-conditions is a severe issue. We drink well water without any purification, because, there is no proper gas to boil and electricity available for six months. We cannot boil the well water or use electric filter devices. Under this condition, the number of diseases has risen due to dirking unhygienic water.
Furthermore, with a shortage of medical facilities added to the severe food-condition, it has strengthened the level of catastrophe in Aleppo. All seven hospitals including children’s hospitals were wholly destroyed. Therefore, such inhumane time has continued where we cannot help wounds at all.

What is going on Syria, the catastrophe, is a result of the decision we made, and the reaction of the regime, and indifference of international community. The revolution demanded freedom and dignity to be human in 2011. Every person in the world and the United Nations know this frightful situation, and though they also know the fact that numerous people are killed every single day, they just count numbers. Each government is sitting and surrounding Russia and China in conference rooms and both of which continuously exercise the power of veto on the Security Council. The function of the international society has completely suspended. Their hands are in the blood of killed people and children of Syria.

I would like to ask you all, how long this massacre will be going on? I would like to call for people in Japan, and especially the Japanese government to take responsibilities on this issue more than any other states. Particularly, prosecutions of war criminals such as the Assad regime and Russian side. Indeed, the Assad regime which killed tens of hundreds of civilians who were participating in peaceful demonstrations must be prosecuted.

%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e8%a8%b4%e3%81%88

Lastly, I would like to insist that we are not demanding food or money, but we are just requesting freedom. Freedom: talking what we think without fear, like what I and also you do here. We want freedom.
We want to see Syria where we can enjoy the right of freedom of expression like in Japan. As Japan did in the past, we want to end this war, and we want to rebuild Syria one day not so far in the future.

fullsizerender%ef%bc%92

Based on a speech delivered by Mr. Alabdullah on 23rd December 2016
Translated by  Yasser Jamal Al Deen and Icchiku Yamada
Edited by Icchiku Yamada and Hiroaki Matsushita

 

The Actual Speech is on Youtube: Click Here

【Held on 23 Dec 2016】Syria, The Lives living in-between War and Love: Film Screening of “Silvered Water, Syria Self-Portrait” and Panel Talks with Experts

15168776_1348059461894893_2041274299590019146_o

Dear all,

It has been a year since the last event“Stand with Syria Now: Film Screening of Return To Homs and Open-Discussion”.
A year passed… very, unfortunately, to mention that the Crisis of Syria has escalated even more with over 47 thousand deaths and 4.8 million Syrian-refugees. Precious lives are dying at this very moment in Syria.

15493784_1376744622359710_8283519227553335446_o

I have been working on this new event-project when I finished organizing the last one. There have always questioned: “Where Syria is heading…?” and “How the lives living in Syria where became a war-zone?”. I have always faced Syria where is only and dearest home for Syrians. Sometimes, I could not sleep well due to the horrifying situation going on Syria. I felt hopeless and powerless to see the fact that no single effective solution has promoted over five years but people are certainly losing their homes, foods, opportunities, and lives. However, I cannot just stand still; I have to keep going ahead to make changes for Syria. Those thoughts brought the upcoming event, “Syria, The Lives living in-between War and Love: Film Screening of “Silvered Water, Syria Self-Portrait” and Panel Talks with Experts” on 23rd December 2016.
We will be screening a film Silvered Water, Syria Self-Portrait by Ossama Mohammed on the event. We will also invite professional Arab Literature, Photo-journalist who served with Free Syrian Army and a young Syrian man who became a refugee in Japan. The aim is always the same; to light the actual people who are living under horrific the Crisis of Syria.
Let’s show our solidarity for Syria, let’s prove to the world that we are not abandoning people of Syria.
No reservation required, please come to the venue directly!


***Details of Events
◇ Syria, The Lives living in-between War and Love: Film Screening of “Silvered Water, Syria Self-Portrait” and Panel Talks with Experts
【Date】23rd (FRI) December 2016
【Venue】Auditorium of Building 9, Rikkyo University (Ikebukuro Campus)
⇨Campus Map
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
【Entrance】FREE
【Capacity】500
【Program】
14:00 Opening Remarks: Masako Ishii, Professor of Department of Intercultural Communication of Rikkyo University

《Session 1: Film Screening》
14:10 Silvered Water, Syria Self-Portrait(96min)
15:50 Break

《Session 2: Expert-Talks》
16:00 Kaoru Yamamoto (Arab Literature) “Commentary of the film: Syria through literature”
16:30 Shin Yahiro (Photojournalist) “Syria: Actual Side of the Revolution”
17:00 Break
17:30 Yasser Jamal Al-Deen (“Syrian Refugee in Japan) “Myself and Syria, and Japan”
18:00 Icchiku Yamada “Thinking of Syria Now: Interviews with Journalist Takeshi Sakuragi and with Syrians”
18:20 Q&A Session

18:50 Closing Remarks: Icchiku Yamada

【Links】
Facebook: https://www.facebook.com/events/677349789091147/
Rikkyo University Website: http://www.rikkyo.ac.jp/events/2016/12/18477/

【Silvered Water, Syria Self-Portrait Details】
Director: Ossama Mohammed, Wiam Simav Bedirxan
Videos and Photos: Wiam Simav Bedirxan, 1001 people of Syria, Ossama Mohammed
Country: Syria | France
Language: Arabic
Filming Locations: Homs, Syria
Runtime: 96 min
Production Co: Les Films d’Ici, Proaction Film
Distribution Company in Japan: Tereza and Sunny (テレザとサニー)
Known asةضفلا ماء , シリア・モナムール, Eau argentée, Syrie autoportrait
Story:
The astonishing collaboration between exiled Syrian filmmaker Ossama Mohammed and young Kurdish activist Wiam Simav Bedirxan distills footage from thousands of clandestine videos to create a shattering, on-the-ground documentary chronicle of the ordeal being undergone by ordinary Syrians in the ongoing civil war.
In Syria, every day, activists and people film then die; others kill then film. In Paris, Syrian filmmaker Ossama Mohammed, driven by his inexhaustible love for Syria, he finds that he can only film the sky and edit the footage posted. From within the tension between his estrangement in France and the revolution, an encounter happened. Simav from Homs began to chat with me, asking: ‘If your camera were here, in Homs, what would you be filming?’.
At once tragic and miraculous, Silvered Water, Syria Self-Portrait is a shattering portrait of the ordeal being endured by ordinary Syrians, even as its very existence attests to the spirit of possibility that even the most brutal repression cannot crush.
(Via Production and TIFF)
The Special Screenings section of the 2014 Cannes Film Festival.
Winner of Grierson Award, London Film Festival, 2014.
Winner of Gandhi’s Glasses Award – Special Mention, Torino Film Festival, 2014.
Winner of Prize of Excellence, Yamagata International Documentary Film Festival, 2015.

モナムール DVD

YouTube: https://youtu.be/a9Mo6OUF_Hg

◇ Photo Exhibition by Shin Yahiro | Syria: Lives in-between the Revolution and Love
【Date/Period】
21st (WED) December 2016 – 25th (SUN) December 2016: 5days
12:00pm-8:00pm
【Venue】Room 9202, building 9, Rikkyo University (Ikebukuro Campus)
⇨Access Map
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
【Entrance】FREE
【Photos】21 photographs taken in Syria. Mr. Yahiro has spent time with Free Syrian Army and in revels’ town.

 

【Pamphlet】

スクリーンショット 2016-11-26 16.31.14

 

By Icchiku Yamada

【12月23日開催】「シリア−戦火と愛の慟哭…その狭間を生きる命『シリア・モナムール』上映会・講演会」| 同時開催写真展

15168776_1348059461894893_2041274299590019146_o皆さま、大変ご無沙汰しております。
立教大学異文化コミュニケーション学部の山田一竹です。

皆様、お変わりはありませんでしょうか。
「今、等身大で彼らに向き合う『それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさと』上映会・討論会」を開催してから、早くも一年が経とうとしています。あれから一年…残念ながら、シリアを巡る状況は熾烈を極め、混迷の一途を辿っています。シリア内戦に伴う死者数が30万人を超え、400万人を超える人々が難民として避難を余儀なくされました。シリアでは、今この瞬間にも尊い命が燃え尽きています。

15493784_1376744622359710_8283519227553335446_o
前回のイベント終了時より、第二弾の企画を進めてきました。「シリアはどこへ向かっているのか、そこに生きる命の鼓動とは…」僕はシリアに、彼らの愛する故郷に向き合い続けてきました。時には、あまりにも凄惨な状況に眠ることすら出来ないこともありました。ドロ沼化が止まらず、解決の糸口すら見えない状況に遣る瀬なさと無力感でいっぱいになる事もありました。それでも僕はここで立ち止まるわけにはいかないのです。「膨大な犠牲者数の裏にある、一人ひとりの姿、物語に想いを馳せ、彼らの痛みを忘れないでほしい」。12月23日開催、「シリア−戦火と愛の慟哭…その狭間を生きる命『シリア・モナムール』上映会・講演会」是非お越しください。

『私たちは、シリアを見捨ててはいない』、再び会場に集い連帯を示す機会としましょう。
それでは、当日、皆様にお会いできることを心より願っております。

以下、イベントの詳細です。


【概要】
当イベントは、シリアよりパリへ亡命した映画作家オサーマとシリアの前線でカメラを廻し続けるシマヴの物語を1001人のシリアの人々がSNSへ投稿した映像でつなぎ合わせた映画「シリア・モナムール」の上映を通し、シリアで繰り広げられる荒れ果てた暴力と、それに翻弄され、絶望の淵に追いやられながらも、希望を求め続ける人々の存在に触れます。上映後には、アラブ文学者による映画解説を得た後、シリアで反政府運動に身を投じる若者たちの日常を追ったフォトグラファー、在日シリア難民の方、学生を交え、討論会を行い、シリア情勢を複眼的視座より考察することで理解を深める。「生きるとは…。そして、命とは…。」遠く離れた日本で「平和」を当たり前に享受する私たちが忘失した疑問を覚醒し、シリア危機を他人事からより身近な問題へと転ずる機会とする。
イベントと並行して、12月21日〜25日まで写真展を開催する。フォトグラファー八尋伸 氏が2012年よりシリアで撮影した写真20点(自由シリア軍兵士や家族の日常、アレッポの戦闘など)を展示し、シリア紛争を生き抜く個々の素顔に触れる。

【上映会・講演会】
12月23日(金曜・祝日)
会場:立教大学池袋キャンパス 9号館2階 大教室
⇨立教大学池袋キャンパスへのアクセス: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
⇨立教大学池袋キャンパスマップ: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
入場無料、予約不要、どなた様も直接会場へお越しください。

◆プログラム◆
14:00 開会挨拶:趣旨説明 石井正子(立教大学異文化コミュニケーション学部 教授)

《第一部:映画上映》
14:10 映画上映開始(96分間)
15:46 映画上映終了・休憩

《第二部:トークセッション》
16:00 山本薫 氏「映画解説-文学から見つめるシリア」
16:30 八尋伸 氏「シリア 革命の素顔」
17:00 休憩
17:30 ジャマール 氏「私とシリア、そして、日本。」
18:00 山田一竹「今、シリアに想う:ジャーナリスト桜木武史氏とシリア人へのインタビューを通して」
18:20 登壇者との質疑応答

18:50 閉会挨拶: 山田一竹(立教大学異文化コミュニケーション学部 4年)

◆映画詳細◆
「シリア・モナムール」(英題:Silvered Water,Syria Self-Portrait,アラビア語:ةضفلا ماء
フランス語:Eau argentée,Syrie autoportrait)
シリア・フランス/2014年/96分/アラビア語(日本語字幕)
監督・脚本:オサーマ・モハンメド、ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン
写真・映像:ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン、1001人のシリアの人々、オサーマ・モハンメド
配給:テレザとサニー
後援:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭
ストーリー:亡命先のパリで、故郷シリアの置かれた凄惨な実状に苦悩し続けていたひとりの映画作家、オサーマ。苛烈を極める紛争の最前線で繰り返される殺戮の様子は、日々YouTubeにアップされ、ネット上は殺す者、殺される者双方の記録で溢れかえる。カメラを持たない映画作家が、シマヴというクルド人女性に愛の希望を見出し、1001の映像を自らの眼で選択し、ストーリーを構築した本作は、夥しい犠牲者と戦場を捉えるドキュメントにはとどまらず、その個々の死に刻まれた深い傷と愛、絶望の中でも普遍の愛を見出していく、命についての物語である。カンヌ国際映画祭2014特別招待作品、ロンドン映画祭2014ベストドキュメンタリー賞、  山形国際映画祭2015優秀賞、その他多くの国際映画祭にて正式上映。
・映画詳細: http://www.syria-movie.com/introduction
・予告編: https://youtu.be/kPdb3ljW1C8

◆登壇者略歴◆
《外部登壇者》
山本 薫 氏
東京外国語大学外国語学部アラビア語学科卒業。シリア、エジプトへの長期留学を経て、東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程修了。専門は、アラブ文学・文化論。東京外国語大学ほか講師・研究員。主な論文に「現代シリアの作家たち―監視下の創造力」『シリア・レバノンを知るための64章』(明石書店)、「我々を隔てることはできない―映画『スリングショット・ヒップホップ』が見せたパレスチナラップの可能性」『インパクション175号』(インパクト出版会)他。翻訳書にエミール・ハビービー著『悲楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事』作品社、2006年。

八尋 伸 氏
中東の社会問題、紛争、難民、災害等を関心領域とする。2010年頃より、主に、タイ騒乱、エジプト革命、ビルマ紛争、シリア内戦、東日本大震災、福島原発事故を取材し発表。シリア内戦シリーズで2012年上野彦馬賞、2013年フランスのThe 7th annual Prix de la photographie, Photography of the year受賞、ビルマ民族紛争シリーズで米国のThe 7th Annual Photography Master Cup, Photojournalism部門でノミネート等、国内外で活躍。

ジャマール 氏
シリア、ダマスカス出身。現在24歳。ダマスカス大学で英文学を専攻していたが、内戦の激化に伴い、戦火をくぐり抜け2013年2月に母と妹と共にシリアを出国。2013年10月に来日。1年半の間、難民認定許可が下りるのを待ち続け、2014年に日本政府より正式に難民認定を受ける。現在、日本の大学入学に向け、日本語学習に励む一方、シリア内戦下に暮らす支援を必要とする人々の命を繋ぐための支援活動を続ける。

桜木 武史 氏(*山田一竹よりインタビュー内容の報告)
フリーランスのジャーナリストとして、2002年よりパキスタン、アフガニスタン等を取材。その後、「アラブの春」に関心を持ち、2012年3月から2015年4月まで計5度に渡り、シリアに足を運ぶ。著書『シリア 戦場からの声-内戦2012−2015』(アルファベータブックス)において、戦火の中で必死に生きる市民の姿を記録し、複雑な背景を知らない読者と同じ目線でシリア内戦を描いているとして高く評価され、2016年「山本美香記念 国際ジャーナリスト賞」を受賞。

【八尋伸 写真展 シリア-革命と愛の狭間に生きる命】
2016年12月21日(水曜)〜25日(日曜) 12時00分〜20時00分*
※5日間連続開催。
会場:立教大学池袋キャンパス 9号館 9202号室
⇨立教大学池袋キャンパスへのアクセス: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
⇨立教大学池袋キャンパスマップ: https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
入場無料、予約不要、どなた様も直接会場へお越しください。
八尋伸 公式HP: http://www.shin-yahiro.com/

*初日16時00分open~、最終日~17時00分close、23日は10時00分〜12時00分の部と19時00分〜21時00分の部。22日・24日は通常運営

・立教大学公式イベントページ:
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2016/12/18477/

パンフレット

スクリーンショット 2016-11-26 16.31.14

スクリーンショット 2016-11-26 16.32.10

上映映画「シリア・モナムール」パンフレット

15193500_1350043408363165_2389303498940383653_n