• info@standwithsyriajp.com

Category Archive 参加登録 | Registration

【Registration Form】Syria: Destruction, Devastation, ​and Hope -Aeham Ahmad Concert in Japan-

Stand with Syria Japan will organize a special event  “Syria: Destruction, Devastation and Hope -Aeham Ahmad Concert in Japan” in this coming April. We will welcome Mr. Aeham Ahmad, a pianist from Yarmouk and a refugee in Germany, who will tell the audience his experiences and thoughts through his play and talk. Mr. Ahmad is Palestinian-Syrian born in a refugee camp in Yarmouk, Syria. He has never stopped playing his piano to deliver a little hope to civilians in the camp. Mr. Ahmad became a symbol of hope and defiance and began to embrace a larger mission: showing that there were humans stuck in Yarmouk.

After fleeing to Germany in 2015, he still plays to raise awareness of the situation in Syria, in particular to tell the world what ordinary civilians of Syria have faced. In 2015, he received International Beethoven Prize for Human Rights.

We believe that the Concerts will be an important trigger for the Japanese public to realize what is going on in Syria and to understand the importance of standing with civilians of Syria, who suffer the most.

The Symposium and the Concerts together provide a great opportunity for Japanese people to show solidarity with people of Syria.

 

【Date】14th and 15th April at Tokyo & 19th April at Hiroshima
【Venue】 14th: Bldg. 13 Room 1323, Komaba Campus, University of Tokyo, Japan
15th: Gakusai Koryu Halle, Komaba Campus, University of Tokyo, Japan
19th: Gewand Halle (Hiroshima)
【LanguageJapanese, Arabic (Translation Provided for Arabic Speeches)
Those who intend to participate in the seminar, kindly fill in the registration form below. (Please press the blue button (送信) to send the form)

 

[googleapps domain=”docs” dir=”forms/d/e/1FAIpQLSc8SVMsoSpwghmU_a-zL9bqpdmNs-PQEMNJono_VccFY7eaYw/viewform” query=”embedded=true” width=”600″ height=”500″ /]

 

 

【参加登録】「殺戮と破壊のシリア −今、エイハム・アハマドが奏でる希望の灯−」

Stand with Syria Japanでは、シリア出身のピアニストエイハム・アハマドさんを日本にお招きし、演奏会を開催いたします。エイハムさんは初来日で、演奏も日本初となります。シリアの戦火で、どんなに苦しい中でも弾き続けたピアノと歌声を堪能し、シリア危機を考えることができる貴重な機会ですので、ぜひお運びください。お席確保のためなるべく下記フォームより参加登録をお願いいたします。
※当イベントではシリアの現実を伝えるため、暴力や負傷者の様子が映し出されますのでご了承ください。12歳未満のお子様のご入場はご遠慮いただいております。
大学のカウンセラーを含み、団体内で度重なる協議を行った結果となりますので、皆様のご理解とご協力をいただけますと幸いに存じます。

<演奏会:東京>
15日の東京演奏会は満席となっていますので、現在参加登録の受付を終了しております。演奏会は、クラウドファンディングでの優先席ご選択者様以外は、当日の先着順となります。13時30分開場・受付開始となります。現時点でも固定席数以上のお申込みがございますので、アナウンスしていた通り、立見でのご案内となる可能性がございますこと、予めご了承ください。少しでも多くの方にお越しいただけるように調整をして参りましたが、このように皆様にご不便をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。皆様のご理解・ご協力をどうかよろしくお願い申し上げます。
14日のシンポジウムでもエイハム氏のトークと3曲の演奏(電子キーボード)、そしてエイハム氏を追ったドキュメント映像上映がございます。こちらは座席数に余裕がありますので、座って演奏をお聴きいただきたい方、両日参加可能な方には、こちらにお運びいただけるよう、ご協力をお願いさせていただいております。
「シリア内戦と夢と希望:エイハム・アハマド氏を迎えて」
【日時】2018年4月15日(日) 14:00—16:00
【会場】東京大学駒場キャンパス アドミニストレーション棟2階 学際交流ホール
アドミニストレーション棟の場所はこちらをご覧ください。
【主催】Stand with Syria Japan
【後援】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR-Japan)

<演奏会@広島>
「シリア内戦と夢と希望:エイハム・アハマド氏を迎えて」
【日時】2018年4月19日(木) 18:00—20:40
【会場】ゲバントホール
ゲバントホールへのアクセスはこちらをご覧ください。
【主催】Stand with Syria Japan
【後援】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR-Japan)
広島中東ネットワーク
※入場料(資料代):12歳−高校生:500円 大学生以上:1000円
(SSJが拠点を置く東京大学外の演奏ホールをお借りするため、会場費が発生しております。ご理解・ご協力をお願いいたします。全額会場費に充当されます。エイハム氏や登壇者の報酬には一切つながりません)

※全イベント12歳以上より入場可となっております(R12)

ご参加希望の方は以下フォームより参加登録をお願いいたします
(フォームを下にスクロールすると送信ボタンが表示されます)

[googleapps domain=”docs” dir=”forms/d/e/1FAIpQLSc8SVMsoSpwghmU_a-zL9bqpdmNs-PQEMNJono_VccFY7eaYw/viewform” query=”embedded=true” width=”600″ height=”500″ /]

 

 

【Registration Form】’Syria Crisis’ and the Findings of UN Commission of Inquiry: Prospect of International Prosecution

Stand with Syria Japan will organize a Seminar “Syria Crisis” and the Findings of UN Commission of Inquiry: Prospect of International Prosecution together with Graduate Program on Human Security, the University of Tokyo (HSP).
This seminar will be organized with Human Rights Watch and Research Center for Sustainable Peace, Institute of Advanced Global Studies (IAGS).

【Date】21 March 2018
【Venue】 Bldg. 5 Room 524, Komaba Campus, University of Tokyo, Japan
∟Please see the map to find the location of Bldg.5
【LanguageJapanese, English (translation provided for English speeches)
【Fees】500yen

 

* This event will be run under ‘Chatham House Rule’

Those who intend to participate in the seminar, kindly fill in the registration form below. (Please press the blue button (送信) to send the form)

[googleapps domain=”docs” dir=”forms/d/e/1FAIpQLScmIE-Pux0Hz5vvdpj_yTqDEXGPkzRZiokxGGs5qQPUqItS_g/viewform” query=”embedded=true” width=”760″ height=”500″ /]

 

 

【参加登録】国際法の見地から捉えるシリア危機 −国連シリア調査委員会による報告と国際的訴追の展望−

Stand with Syria Japanでは、東京大学大学院「人間の安全保障」プログラム(HSP)と共に「国際法の見地から捉えるシリア危機 −国連シリア調査委員会による報告と国際的訴追の展望−」を共同主催いたします。(共催:国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)、グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的平和研究センター)

【日時】2018年3月21日 (水曜・祝日)
16時00分—20時30分
【会場】東京大学 駒場キャンパス5号館 2階 524教室
5号館の場所はこちらをご覧ください。(駅は井の頭線「駒場東大前」になります)
【言語】日本語・英語 併用
(英語には日本語の逐次訳が付され、日本語部分には英語の要約が付されます)
【対象】一般、学生、教職員 | 資料代500円

*セミナーは「チャタムハウスルール」適用の元で運営されます。
∟参加者は当セミナーで得た情報を外部で自由に引用・公開することができますが、その発言者・所属機関を特定する情報、並びに特定につながる情報の公開はできません

お席確保のため、ご参加希望の方は以下フォームより参加登録をお願いいたします。
(フォームを下にスクロールすると送信ボタンが表示されます)

[googleapps domain=”docs” dir=”forms/d/e/1FAIpQLScmIE-Pux0Hz5vvdpj_yTqDEXGPkzRZiokxGGs5qQPUqItS_g/viewform” query=”embedded=true” width=”600″ height=”500″ /]