• info@standwithsyriajp.com

著者アーカイブ

シリア革命8周年特別シンポジウム:−自由への道のり。真の解放を求めて−

Stand with Syria Japanでは、シリア革命から8年という節目を考える特別シンポジウムを開催いたします。

 
◇趣旨・内容
2011年3月に平和的革命に立ち上がったシリア国民は、8年に及ぶ殺戮と破壊に晒された。50万の犠牲者、1100万の避難民、20万以上の失踪者を生んだ、「今世紀最悪の人道危機」は決して過去の出来事ではない。新たな年を迎えて早々の2月、イドリブやハマ地域の市民は、地獄のような日々を生かされた。連日連夜続く爆撃や国際的に禁止された非人道兵器により幼い子どもを含む大勢の人びとが焼き尽くされた。シリア革命から8年という節目に際して開催される本特別シンポジウムでは、各方面で活躍する専門家を迎え、この8年を時系列的に振り返り、さらに、終わらない悲劇の中を生きるシリア市民が求め続ける真意を考え、シリアの未来を徹底的に議論する企画である。「革命と内戦は何だったのか」、「シリアで何が起きているのか」、「シリアはどこへ向かっているのか」、「シリアに平和はもたらされるか」、「今、人びとが求めているものとは」という緊急性の高い問いを来場者と共に考えたい。
また、本シンポジウムは、自由と尊厳という「人間としての権利」を求め立ち上がったシリア市民、そして8年に及ぶシリア危機で犠牲となった全ての人びとに捧げられる。
 
◇プログラム
13:30 開場・受付 
14:00 開会挨拶 Stand with Syria Japan理事 山澤宗市

第1部 革命
14:05 「サウラの記憶:恐怖と沈黙の壁を越えて」
山田一竹(Stand with Syria Japan代表)

14:25 「<内方浸透>に抗うシリアの記録映画」
岡崎弘樹(アラブ近代政治思想・シリア文化研究)

14:55 休憩

−特別登壇企画−
15:05 「革命は終わらない」 “シリア人特別ゲスト” [スカイプ登壇]

第2部 内戦
15:50 「失われた故郷:アレッポで見たもの」
藤原亮司(ジャーナリスト|ジャパンプレス所属)
山崎やよい(イブラ・ワ・ハイト発起人、考古学者)

16:30 「シリア内戦:報道と真実」
黒井文太郎(軍事ジャーナリスト)

17:00 休憩

第3部 ディスカッション
17:10 「徹底討論:シリアはどこへ向かうのか」
岡崎弘樹×黒井文太郎×藤原亮司×山崎やよい×ナジーブ・エルカシュ×山田一竹
モデレーター:山澤宗市

18:10 会場との質疑応答
18:40 閉会

※プログラムはやむを得ない事情により変更する可能性がありますこと、予めご了承ください。

 
◇ 日時:2019年3月23日(土)14時00分~18時40分
(開場:13時30分)
◇ 会場:早稲田奉仕園リバティホール(最寄り駅: 東京メトロ東西線:早稲田駅|東京メトロ副都心線:西早稲田駅)
https://www.hoshien.or.jp/map/
◇ 定員:100名(先着順)
◇入場料:1500円
シリア女性自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」の『くるみボタン』付き。ボタンはシリアの女性が手作りで一つひとつ、一針ひと針に想いを込めたシリアの温もりを感じられる素敵な作品です。シリア支援に繋がります。
※ 種類はこちらで選ばせていただくことを予めご了承ください。
 
◇予約不要:直接会場にお運びください
 
◇主催:非営利団体 Stand with Syria Japan – SSJ
お問い合わせ:info@standwithsyriajp.com
 
—登壇者プロフィール(登壇順)—
岡崎弘樹
専門はアラブ近代政治思想・シリア文化研究。中部大学非常勤講師。2003年から2009年にかけて仏研究所研究員や日本大使館の政務アタッシェとしてダマスカスに滞在。2016年にパリ第3大学アラブ研究科で社会学博士号取得。最近は1970 年代以降のシリアの監獄文学や政治演劇、記録映画にも研究対象を広げ、学会発表に加え、各種シンポジウムの基調講演やシリアの演劇・映画の解説なども行っている。最新の論文に「シリアの記録映画に描かれる<崩壊>の経験−記憶、表象、他者をめぐる創造空間」『唯物論研究年誌第23号 21世紀の<マルクス>』大月書店。

藤原亮司
ジャーナリスト(ジャパンプレス所属)。1967年、大阪府生まれ。1998年からパレスチナ問題の取材を行い、シリア、レバノン、コソボ、アフガニスタン、イラク、ヨルダン、トルコなどにおいて「紛争地に生きる人びと」を中心に紛争難民問題を取材。国内では在日コリアン、東日本大震災や原発被害の取材を行っている。著書に『ガザの空の下――それでも明日は来るし人は生きる』(2016年、dZERO(インプレス))。

山崎やよい
考古学者。シリア女性の自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人。1989年よりシリア第2の都市アレッポをベースに活動を続ける。テル・アバル、テル・コムロック発掘調査、テル・ハディヤ発掘調査、テル・ベイダル発掘調査、アインダーラ神殿遺跡修復事業などに参加し、シリア国立アレッポ大学考古学科講師を歴任。20年以上を暮らしたシリアからの帰国後も、シリアについてメディアやブログで発信と解説を続けている。

黒井文太郎
横浜市立大学国際関係課程卒業。講談社編集者を経てフリーランスの国際紛争専門フォトジャーナリストとして活動。ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住し、紛争地取材を行う。その後、月刊『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、軍事ジャーナリスト。シリア内戦に関しても積極的な発信、分析を行っている。
主な著書に 『イスラムのテロリスト』(講談社:2001年)、『世界のテロと組織犯罪』(ジャパンミリタリーレビュー:2001年)、 『日本の情報機関』(講談社:2007年)、『ビンラディン抹殺指令』(洋泉社:2011年)、 『イスラム国の正体』(講談社:2014年)など軍事・インテリジェンスに関する著書多数。

ナジーブ・エルカシュ
シリア人ジャーナリスト、リサーラ・メディア代表。1973年シリア生まれ。1997年に来日。東京大学大学院、名古屋大学大学院にて映画理論を研究。1998年から日本や北東アジアを取材し、アラブ諸国やヨーロッパのメデイアに取材を配信。日本のテレビ番組にも多数出演(BS-TBSの『外国人記者は見た!』、東京MXテレビの『モーニング・クロス』、テレ朝の『世界が驚いたニッポン!』、日本テレビの『NEWS ZERO』など)、さらに文化交流の分野にも活動してる(東京アラブ映画祭の企画アドバイザーなど)。

山田一竹
Stand with Syria Japan代表。東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム修士課程在籍(ジェノサイド研究)。2014年 英国FIEにて紛争分析・解決プログラム修了、現地の難民支援団体にて支援活動に当たる。2017年 非営利団体「Stand with Syria Japan」設立・代表就任。日本におけるシリア危機の関心向上と意識変革を目指した活動を展開すると同時に、シリアにおける集団抹殺と市民革命について研究。

 
 
◆会場での物販紹介
⑴「イブラ・ワ・ハイト」製品
イブラ・ワ・ハイトは、山崎やよいさんを中心に2013年に始動したプロジェクトです。泥沼のシリア紛争で家、仕事、一家の大黒柱、 そして社会インフラなどの生活基盤のほぼすべてを失ったシリア人 女性たちに「針と糸」で収入の道を開く「自活支援」 プロジェクトです。女性たちの独自の技術を活かすべく手芸・刺繍資材を提供し、 製品を適性価格で買い取り、日本等で販路を開拓することで、「針と糸」で収入の道を開くことを目的とされています。
刺繍や作品の一つひとつはシリア女性により丹念に手作りされており、ひと針ひと針に、女性たちの「様々な想い」や「願い」 が込められています。
当日は、出回っていない特別な製品も販売されます!
⑵エイハム・アハマド アルバムCD「ヤルムーク 希望の音楽」
4月に日本に初来日した「シリア 戦場のピアニスト」として知られるエイハム・アハマドさんのアルバムCDとなります。エイハムさんはヤルムーク難民キャンプの瓦礫の中で、人びとを励ますために戦火の中ピアノの弾き語りを続けました。曲は、亡くなった友人がエイハムさんに託したものや、故郷を想ったものです。エイハムさんは「このアルバムCDは、ただ平和に生きることを願う、僕の声なき仲間たち全てに捧げられます」と語られました。
今回は特別価格での販売となります!
 
物販は全てシリアの人びとの直接支援につながります。ぜひ会場でお求めください!
SSJ、2018年度最後のイベントとなる本シンポジウムでは、各方面で活躍される専門家をゲストにお迎えし、それぞれのご専門から質の高いご講演をいただくと同時に、シリア危機を懸命に生きる人びとの「現在と未来」を徹底的に議論する大変重要な機会となります。
「シリアで何が起きていたのか」、「今、シリアはどこへ向かっているのか」、「人びとが求めるものとは」。共に考えませんか?
スタッフ一同、皆様のお越しをお待ち申し上げております。
Stand with Syria Japan

SSJシリア危機8周年特別対談セミナー ーシリア市民の真意を考えるー

Stand with Syria Japanでは、シリア危機8年の節目に当たる特別イベントを2週連続で開催いたします。

 

【第1弾:3/16(土) 特別対談セミナー(シリア料理付き)開催のお知らせ】

SSJでは、シリア危機発生から8年の節目を迎えるに当たり、「シリアの人びとの真意」を考える特別対談を開催いたします!
ゲストにシリアに20年以上住まわれ、シリア女性の自活支援を行われている考古学者の山崎やよい氏をお呼びし、シリア市民支援に尽力するSSJ代表の山田一竹と対談形式で議論する企画になっております。さらに、当日は本場のシリア料理もお楽しみいただけます!

シリアに関する報道は減り、世界がシリアを忘れ去ろうとする今、私たちはそこに生きる人びとの真意を真摯に考える必要があるはずです。ゲストの山崎氏は、先日ヨルダンのザータリ難民キャンプとアズラク難民キャンプを訪問されたばかりです。シリアの人びとが今何を考えているのか、何を求めているのか。
3月16日(土)、シリア人の暮らしと伝統が詰まったシリア料理を囲みながらシリアの人びとの「今と未来」を共に考えませんか?

 

また、シリア女性の自活支援につながる物販もございます!

(SSJ国内パートナー「イブラ・ワ・ハイト」の手作り製品を販売いたします。)

 

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

お申し込みはこちらから↓
https://goo.gl/forms/46SEIgZzCGdLXIwX2

 

−特別対談セミナー詳細−

 

◇日時: 2019/3/16 18:00~20:20

 

◇場所:ゼノビアカフェ 

    シリア人の暮らしと愛情が詰め込まれたシリア料理を提供いただきます。

 

アクセス:港区 麻布十番 2-11-1 松尾ビル2F

                 都営大江戸線・南北線麻布十番駅より徒歩5分

 

◇参加費:4,100円(シリアディナー付き・税込価格)

→シリア料理を中心に美味しくてヘルシーな料理をご提供いただきます!

・ディナーメニュー

ペースト3種

ファラフェル

サンブーサ(チーズ春巻き)

コッバ(ひき肉とナッツのコロッケ)

カブサ(お肉の炊き込みご飯)

サラダ

ナン(食べ放題)

*ソフトドリンク1杯付き

 

◇定員:30人(まだ余裕がございます!)

 

◇ゲスト:山崎やよい氏

考古学者。シリア女性の自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人。1989年よりシリア第2の都市アレッポをベースに活動を続ける。テル・アバル、テル・コムロック発掘調査、テル・ハディヤ発掘調査、テル・ベイダル発掘調査、アインダーラ神殿遺跡修復事業などに参加し、シリア国立アレッポ大学考古学科講師を歴任。帰国後もシリアについて、メディアやブログで積極的な発信を続けている。

 

◇対談相手:山田一竹
東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム修士課程在籍。英国Foundation for International Educationにて武力紛争解決・分析コース修了。2015年より11のシリアイベントを主催。SSJ代表として日本世論の変革に尽力。2018年7月には、国連欧州本部で開催された知識人会合に参加し、シリアの現状や、支援の在り方について報告した。

 

◇タイムライン

 

17:45~ 受付開始

18:00~ オープニング

18:05~ SSJ活動紹介(SSJ理事 山澤宗市)

18:15~ 特別対談:シリア市民の真意を考える

    (SSJ代表 山田一竹×考古学者 山崎やよい)

19:40~ Q&A・フリートーク

20:20 クロージング


◇お申し込みはこちらから(再掲):

https://goo.gl/forms/46SEIgZzCGdLXIwX2

 

 

 

 

Stand with Syria Japan

【2018年度:広報・総務インターンの募集(有給)】

広報・総務インターン(有給)の募集

Stand with Syria Japan-SSJでは、広報・総務職において有給インターンを募集いたします。
SSJのシリア紛争・難民問題に関する活動に賛同される方、シリア危機のために自分でも何かしてみたいという方、私たちと共に全力で働きませんか?たくさんの応募をお待ちしております。

<募集人数>
若干名

<勤務地>(インターン生の事情に配慮します)
木曜日は東京大学本郷キャンパスにて。その他の日は在宅勤務。

<待遇>
月1万円

<採用プロセス>
2月14日(木):募集締め切り
16日(土)、17日(日):面接(都内)
18日(月)以降:業務開始

<応募条件>
SSJの活動に賛同、シリア紛争・難民問題に関心のある方、最低3ヶ月の勤務、PC保持、日本語と英語で業務ができる方。

<業務内容(広報インターン)>
SSJの活動を発信する広報業務
週3回程度のSNSとメーリスの発信作業

<業務内容(総務インターン)>
リサーチ業務
ロジスティック(後方支援)業務
アウトリーチ業務(会議出席や企業訪問など)

<応募方法>
下記アドレスまで履歴書(書式自由)をお送りください。
[standwithsyria.j@gmail.com]
件名:広報インターンor総務インターン
担当者:山澤

<募集締め切り>
2月14日(木)22:00

業務開始時にSSJスタッフより 業務に関するレクチャーをさせていただきます。
※最初の出勤日のみ、固定日の木曜日ではなく、2月18日(月)東京大学本郷キャンパス予定です。

以下の各チラシも併せてご覧ください。
インターン採用に関してご相談があればお気軽にお問い合わせください。
[standwithsyria.j@gmail.com]

皆様のご応募お待ちしております。

 

 

 

広報インターン

総務インターン

 

 

 

Stand with Syria Japan

【SSJ Winter Emergency Campaign】Internal Displaced Syrians

We are launching “SSJ Winter Emergency Campaign for the Displaced People in Deir Ballout and Al-Muhammadiyah Camps”.

Winter has always been harsh on people everywhere. However, could you imagine encountering the cold winter in a tent without having a decent heating system or enough blankets? This is the situation of the displaced Syrians who are livings in the camps inside Syria.

Stand with Syria Japan (SSJ) took urgent action in a corporation with our counter-part organization Molham Team to support the internal displaced Syrians in Deir Ballout and Al-Muhammadiyah camps (Northern Syria) due to the critical situation. By distributing winter essentials such as fuel, blankets, and firewood.

Nowadays, Syrian people have to survive unprecedented harsh winter storms and floods. Conditions in those camps can be extreme and challenging, which has been exacerbated by the severe winter weather. More than 900 families, who are already fleeing the devastating war, in Deir Ballout and Al-Muhammadiyah camps are at risk of freezing temperature and struggling inside a temporary thin tent, facing a great risk of survival. One child is already passed away this winter due to the poor condition of the camp.

This emergency campaign aims to distribute winter essentials such as fuel, blankets, and firewood for the displaced 900 families in Deir Ballout and Al-Muhammadiyah camps (Northern Syria).

You can make a donation from a small amount. Please take consideration to donate to keep internal displaced Syrians who are in extreme need warm this winter. While the refugee camps in Lebanon has recognized worldwide, the camps inside Syria has been forgotten since major international organizations cannot achieve there.

Let’s together stand by the displaced people and help to secure their basic necessities. Those people are no different from each one of us. They are just demanding things we take for granted every day.

Our support could make a small but significant difference for their tomorrow.

How to Donate?

(1) Bank Transfer
Bank Name:Mitsubishi UFJ
(Saving Account)
Branch Name:Shimokitazawa
Branch Number:127
Account Number: 0482068
Account Name:スタンドウイズシリアジヤパン
※Please write ‘Camp’ before the payer’s name

(2) PayPal (By Credit Card)
Please donate by the following link
paypal.me/standwithsyriajapan
※Screen shows “Yamada Icchiku”
(representative of SSJ) as account name due to some technical issue, but please do not mind.

Campaign deadline: 31th. Jan. 2019
7th. Feb. 2019 Due to the emergency condition of the camps, we decided to extend the deadline. 

 

More information: standwithsyria.j@gmail.com

Stand with Syria Japan

【冬の緊急キャンペーン】シリア国内避難民への緊急支援

冬の緊急支援金の募集   

シリア北部はこの冬、これまでにない大嵐や大洪水に見舞われています。凍てつく寒さの中、シリア国内の避難キャンプで暮らさざるを得ない人びと(国内避難民)は、650万を超えるとされています。
中でもシリア北部(アレッポ北部:非アサド政権支配下)に位置する、デール・バッルート(Deir Ballout)避難民キャンプとアル・ムハマディッヤ(Al-Muhammadiyah)避難民キャンプには、900家族以上が避難しており、極度の困窮状態におかれています。
7月7日にSSJが開催した「シリーズ “シリアを知る”」では、デール・バッルートキャンプに暮らす住民の方と協力して、ビデオ中継を行い、キャンプの凄惨な状況を報告いたしました。
トルコ政府の人道支援機関とトルコ赤新月社により運営されているこれらのキャンプでは、水、食料、医療が完全に不足していることに加えて、共同トイレなどの管理もままならず不衛生な状態です。
また、避難民の暮らすテントは非常に簡素な造りの仮設テントで寒さを凌ぐ設備は灯油ストーブのみです。
Stand with Syria Japan – SSJ では、この事態を受け、 2つのキャンプへの緊急支援金を募集いたします。

緊急性を鑑みて、募集期間を1月31日(木)に限定させていただきます。
キャンプの状況がさらに悪化しているため、2月7日(木)まで延長いたします。

支援金経路

私どもSSJが募った支援金の全ては、SSJのパートナー組織である人道支援組織「モルハム・ボランティア・チーム(MOLHAM VOLUNTEERING TEAM)」へ届けられます。「モルハム・チーム」は、シリア国内の避難民キャンプで活動ができる数少ない組織で、現在もデール・バッルート避難民キャンプとアル・ムハマディッヤ避難民キャンプで支援活動を展開しています。

SSJでは、モルハム・チームと議論した結果、まとまった支援金を手数料が少ない銀行送金という方法で届けることを選択し、今回は私どもで支援金募集の緊急アクションを展開し送金、その資金をモルハムチームが物資に変え避難民の方々へ届けます。

※2018年7月に実施した夏の緊急キャンペーンでもモルハム・チームと協力し、皆様からご支援いただいた23万円全額をシリア現地に届け、避難民の方々の飲料水に充当いたしました。

 

支援物資

暖房用灯油、ブランケット(毛布)など凍死せずに冬を超えるために必要な最低限の物資。

支援方法

支援金は、SSJの銀行口座(三菱UFJ)またはPayPal(クレジットカード決済)にて受付けております。

(1) 銀行振込
銀行名:三菱UFJ銀行(普通預金)
支店名:下北沢支店
支店番号:127
口座番号:0482068
口座名義:スタンドウイズシリアジヤパン

※お振込人名義の前に「キヤンプ」とご記載ください

(2) PayPal [クレジットカード決済]
ペイパルの振込先URL: paypal.me/standwithsyriajapan
現在アカウント移行作業中のため、表示名がSSJの代表である「Yamada Icchiku」と表示されますが、アカウントはSSJのものとなりますので、このままお振込ください。

※PayPalアカウントをお持ちでない方もクレジットカードをお持ちであれば5-10分ほどで登録が完了します。PayPalは世界中で利用されるアメリカ発のサービスです。とても簡単かつ安全にクレジットカード決済が可能となります。ご登録はこちらからhttps://www.paypal.com/jp/home

ご事情により支援金のお振込みが出来ない場合などございましたら、standwithsyria.j@gmail.comまでご連絡いただけますと幸いでございます。


支援期間

2019年1月20日から2月7日までの限定期間で募集させていただきます。


モルハム・チームについて

内戦下のシリア国内で、市民の支援を続けていた一人のシリア人の若者がいました。彼の名はモルハム・トライフィー(Molham Traifi)。命がけで市民の支援を続けた彼は、2012年に政権側の爆撃で命を落としました。同じ志を持つシリアの友人たちは、彼の意志を引き継ぎ、彼を決して忘れないために、2012年10月6日に「モルハム・チーム」を設立しました。

モルハム・チームは、シリア市民によるボランティアグループです。主に、シリア国内で爆撃などの影響を受けた地域、ヨルダン・トルコなど周辺国に暮らす難民の方々への人道支援、紛争孤児への教育支援などを展開しています。

これまでに、国連や国際NGOが支援できない地域でも積極的な支援活動を続けてきており、国内外からその人道主義を高く評価されている団体です。
SSJではモルハム・チームと2018年7月よりパートナー関係を結んでいます。
「モルハム・チーム」のウェブサイト:https://molhamteam.com/en/ (英語)

 

支援後の報告

集まった後支援金の全ては、SSJにより責任を持って集計され、その全額の銀行送金証明を公開いたします。また、モルハム・チームから届く支援状況を写真と共にウェブサイトとSSJ主催イベント内で報告いたします。


「シリア国内避難民キャンプ」で冬を迎えている人びとが直面する状況はこれまで以上に過酷なものとなっています。キャンプに暮らす方は「この寒さの中、あとどれだけ苦しめばいいのだろうか」と明日を生きる希望すら失いかけています。この冬、すでにデールバッルートキャンプでは死者も出ています。一刻も早い支援を彼らに届けることがいま求められています。どうか皆様、支援資金募集にお力をお貸しください。

 


本件に関するお問い合わせ:  standwithsyria.j@gmail.com

 

Stand with Syria Japan

SSJ Dinner Party −シリアを語る食事会−

「SSJ食事会」開催のお知らせ

シリアについてもっと多くの方に知ってもらいたい!という気持ちで集まった「SSJ新企画チーム」が始動いたします。
新企画チームでは、これまでのSSJとは異なるタイプのイベントを運営して行きます。キックオフとして1月27日(日)に「シリアを語る食事会」を開催いたします。
中東諸国の中でも美味しいと評価の高いシリア料理を堪能しつつ、シリアを共に考える企画となります。ぜひ気軽にお運びいただけたらと思います。
この食事会は他団体の「楽しむことに特化した食事会」とは異なり、シリアの今を参加者の皆さんと共に考え、それぞれがいかにシリアと向き合うか検討することができる有意義な会となるはずです。
当日は、SSJ代表の山田一竹も登壇し、シリア危機に関してのトークが予定されています!

さらに、直接支援に繋がるシリアの難民女性達の手作りの品々も販売いたします。

1)イブラ・ワ・ハイトの商品
イブラ・ワ・ハイトのFacebookページ
https://ja-jp.facebook.com/Iburawahaito/

2)シリアンハンズの商品
シリアンハンズのFacebookページ
https://ja-jp.facebook.com/syria.hands/

イベント詳細

◇日時:2019/1/27 18:00-20:30

◇場所:アラビアンレストラン パルミラ
レバノン人シェフの営む本場のアラブ料理レストランです。
(最寄駅: 池袋駅|西口から徒歩8分、東京都豊島区池袋2丁目58-8 T.Oビル2F)

https://www.palmyra-ameta.com/blank-2

◇参加費:(一般)5000円 (学生)4000円(利益はSSJのシリア支援活動に用いられます)

◇定 員:34人(先着順)

◇対 象:

・シリア、及び中東諸国にご関心のある方
・シリア、レバノンの美味しい食事を楽しまれたい方
・Stand with Syria Japanの活動にご関心のある方
・将来的に人道支援、NPO活動、アクティビズム、国際協力などの分野に携わりたいと考えている方、その他、どなたでも大歓迎です!

◇内容:(若干の変更可能性あり)

17:45〜 受付開始
18:00〜 オープニング
18:05〜 Stand with Syria Japan 活動紹介 (SSJ理事 山澤宗市)
18:25〜 Stand with Syria Japan 代表 山田一竹トーク 「シリア危機再考:今私たちに求めらていること」
19:30〜 フリートーク
20:30〜 クロージング

※お食事はオープニングからお楽しみ頂けます。
※クロージングは20時30分ですが、お店は21時まで利用可能です。

◇メニュー:

パン (食べ放題)
ペースト (ホンモス:フムス, ムタッバル, ラブネ)
ファラーフェル
カプセ(チキン/マトン)
ファットゥーシュ
バーティンジャン(ナスのトマト煮込み)
チキンステーキ
紅茶 (ミントティー/シナモンティー)

お申し込みはこちら:https://goo.gl/forms/Hqp1SAVzcWCtnDXk2

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております!

 

 

Stand with Syria Japan

【10月27日開催】シリア −引き裂かれた命、過去と未来−「アレッポ最後の男たち」上映会・シンポジウム

Stand with Syria Japan – SSJ では、10月27日(土)に、シリア危機をそこに生きる人びとの視点で考える映画上映シンポジウムを開催します

8年目のシリア危機は、戦闘的な側面からは終息に近づいているという見方から、日本を含めた国際社会や大国が「復興」へ向け、舵を切り始めています。
しかしながら、シリアでは現在も組織的な殺戮と破壊が続き、この瞬間にも尊い命が奪われており、今日も故郷への帰還が叶わない人びとがいます。そのような状況下でも、今も多くの市民が尊厳を求めて抗議を続けています。
本シンポジウムは、このような「転換期」に、この8年の悲劇を振り返り、そして、シリアの未来を共に考える機会となります。

概要

◇プログラム(開場12時30分)13時00分 開会
開会挨拶・趣旨説明:Stand with Syria Japan 代表 山田一竹|理事 山澤宗市- 映画特別上映 –
13時10分 映画特別上映
「アレッポ最後の男たち(Last Men in Aleppo)」
14時55分 休憩- トーク・セッション –
15時05分 藤原亮司氏(ジャーナリスト・ジャパンプレス)
15時25分 質疑応答
15時40分 休憩
15時45分 バラ・アル=ハラビー氏(シリア人フォトジャーナリスト)*スカイプ登壇
16時25分 質疑応答
16時45分 休憩- 映画製作・撮影者とのスカイプ・セッション –
16時50分 ファディ・アル=ハラビー氏
(シリア人フォトグラファー・「アレッポ最後の男たち」撮影監督)
17時30分 質疑応答17時50分 総括 「連帯という希望」 Stand with Syria Japan 代表 山田一竹
18時10分 閉会

◇イベント概要
終息に近づいていると言われるシリア危機。国際社会や大国が「復興」へ向け、舵を切り始めた。しかしながら、シリアでは現在も組織的な殺戮と破壊が続き、この瞬間にも尊い命が奪われている。そのような状況下で、今も多くの市民が尊厳を求めて抗議を続けている。このような「転換期」にこそ、この8年の悲劇を振り返り、そして、シリアの未来を共に考えなければならない。当日は、ドキュメンタリー映画「アレッポ最後の男たち(Last Men in Aleppo)」(2017)を特別上映する。2015年から包囲下のアレッポ東部で撮影された本作は、これまでノーベル平和賞にノミネートされるなど、その人道性を国内外から高く評価されている「ホワイト・ヘルメット」のメンバーに光を当てており、悲劇の中でも懸命に生きる選択をする彼らの様子が見事に描き出された作品である。「ホワイト・ヘルメット」はテロリストであるというプロパガンダ的言説が広がる中、彼らの誇り高き人間性に迫ると同時に、この8年間、シリアの市民が過酷な状況で暮らすことを強いられてきた真実と、苦しみながらもそこを生き抜く人びとの真の姿を知ることができる。
トークセッションのゲストには、シリアを取材されたジャーナリストの藤原亮司氏(ジャパンプレス)、この作品が撮られた際にアレッポで活動していたシリア人フォト・ジャーナリスト バラ・アル=ハラビー氏を迎え、それぞれの取材に基づき、シリアの未来に思うことをお話しいただく。
さらに「アレッポ最後の男たち」の撮影監督である、ファディ・アル=ハラビー氏と会場をスカイプで繋ぎ、撮影の背景、映画の秘話、ホワイトヘルメットに対するプロパガンダ、彼らが作品に託した想いなど映画製作の裏側のお話をうかがう。また、ファディ氏はシリア国内で活動しているため、現状についても報告を得る。

本シンポジウムは、当事者であるシリア人を中心に据えることを最大の目的とし、「復興」という都合の良い言葉で彼らの存在が置き去りにされようとする中、綺麗事では済まされない現実に命懸けで抗う人びとの声に耳を傾ける。
また、当日会場に集うことで、日本に暮らす私たちの「シリア危機を生きる人びとへの連帯」、「尊厳を求め続ける人びとへの連帯」を示す。

シリアの人びとに寄り添いながら、シリアの過去を振り返り、そして共に未来を考えたい。

 

◇ 日時:2018年10月27日(土)13時00分~18時10分(開場:12時30分)
◇ 会場:東京大学駒場キャンパス 18号館1階ホール(最寄り駅: 駒場東大前駅)
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
◇ 定員:190名(先着順)

◇入場料:1000円
→ シリア女性自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」の『くるみボタン』付き。ボタンはシリアの女性が手作りで一つひとつ、一針ひと針に想いを込めたシリアの温もりを感じられる素敵な作品です。シリア支援に繋がります。
※ 種類はこちらで選ばせていただくことを予めご了承ください。

◇予約不要
:直接会場にお運びください

◇主催:Stand with Syria Japan – SSJ
◇後援:UNHCR駐日事務所

◇「アレッポ最後の男たち」
監督 :フィアース・ファイヤード
製作国:デンマーク、シリア
製作年:2017年
上映時間:104分
言語:アラビア語(日本語・英語字幕)
受賞:2017年サンダンス映画祭ワールド・シネマ ドキュメンタリー・コンペティション部門審査員大賞グランプリ、2018年(第90回)アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート、2018年エミー賞最優秀時事ドキュメンタリー賞(Outstanding Current Affairs Documentary)受賞。

スクリーンショット 2018-10-05 21.35.49

・映画あらすじ
2015年−2016年冬、シリアのアレッポ東部は政権軍と同盟勢力から一層激しい攻撃にさらされた。爆撃は昼夜を問わず続き、罪のない子供や大人が無残に殺されていく。人々が逃げ惑う中、瓦礫の中から生存者を救うため、危険を顧みず爆撃地に向かう「ホワイト・ヘルメット」隊員たち。傷つきながらも人びとを助け出す彼らは時にヒーローとして語られる。しかし、彼らが見つめる先には、息絶えた赤ん坊、バラバラになった遺体、冷たくなった子供を抱き寄せ泣き崩れる父親。そして、彼らにもまた、愛する家族がいる。アレッポへの包囲攻撃が強まり、家族にも危険が及ぶ中、そこには、故郷に留まり活動を続けるべきか苦しみ抜く彼らの姿があった。
本作品は、シリア最前線「ホワイト・ヘルメット」隊員の苦悩と葛藤を丹念に描いた、我々の想像をはるかに超える愛と勇気の物語である。

 

◇登壇者プロフィール (登壇者は都合上変更となる可能性があることを予めご了承ください)

・藤原亮司 氏
Fujiwarasan
ジャーナリスト(ジャパンプレス所属)。1967年、大阪府生まれ。1998年からパレスチナ問題の取材を行い、シリア、レバノン、コソボ、アフガニスタン、イラク、ヨルダン、トルコなどにおいて「紛争地に生きる人びと」を中心に紛争難民問題を取材。国内では在日コリアン、東日本大震災や原発被害の取材を行っている。著書に『ガザの空の下――それでも明日は来るし人は生きる』(2016年、dZERO(インプレス))。

 

・バラ・アル=ハラビー氏
11136726_770781809706973_1248441762342208098_n.jpg
アレッポ出身シリア人フォトグラファー(フォトジャーナリスト)。2011年にシリアで革命が始まったことでフォトグラファーとしての仕事を開始する。当初はアレッポ各地で行われていたデモの記録写真を撮り、インターネット上に投稿していた。2011年6月にアサド政権に拘束されるが、保釈金を払い一ヶ月後解放される。自由シリア軍がアレッポ市に入ってからは、ブスターン・カスル地区に移り住み、政権の侵害行為やアレッポ東部への空爆などを毎日記録し続ける。2016年にアレッポが封鎖されたのち、イドリブ郊外に移り、その後トルコに移り、さらにフランスへ政治亡命。2013年から2016年末までAFPで働いた。2015年にアラブ世界研究所の最優秀報道写真賞(アル・フジャイラ)を受賞。

 

・ファディ・アル=ハラビー氏
Fadi 1

アレッポ出身シリア人フォトグラファー(シネマトグラファー)。1994年生まれ(24歳)。2011年よりフォトグラファーとしての活動を開始し、主に紛争状態となったアレッポを撮影。2012年、国際的メディアへ記録写真と映像を提供する「アレッポ・メディアセンター」(AMC)を共同設立。傷つく市民の様子を世界に伝え続けると同時に、ホワイト・ヘルメットの活動の様子を記録し続ける。2013年から2016年末までAFP所属のもと活動に当たる。現在もフリーランスとしてCNN, BBC, Channel 4など国際的メディアに従事している。
ホワイト・ヘルメット隊員を追ったドキュメンタリー『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』(2016)の映像撮影を担当。この作品で2016年度(第89回)アカデミー短編ドキュメンタリー賞を受賞。2015年の秋から『アレッポ最後の男たち』の映像監督を務める。2017年4月4日に起きたシリア北部ハーン・シャイフーン村への化学兵器攻撃の現場に駆けつけ、被害の状況をいち早く世界へ発信。この映像はCNNより『Syria: Gasping for Life in Khan Sheikhoun』(2017)として放映され、この報道映像で2018年エミー賞最優秀重大ニュース放送賞(Outstanding Hard News Feature Story in a Newscast)を受賞。
・山崎やよい 氏 (通訳)
考古学者。シリア女性の自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人。1989年よりシリア第2の都市アレッポをベースに活動を続ける。テル・アバル、テル・コムロック発掘調査、テル・ハディヤ発掘調査、テル・ベイダル発掘調査、アインダーラ神殿遺跡修復事業などに参加し、シリア国立アレッポ大学考古学科講師を歴任。帰国後もシリアについて、メディアやブログで発信を続けている。

・山田一竹
Stand with Syria Japan – SSJ 代表。東京大学大学院 総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム修士課程在籍(ジェノサイド研究)。1993年生まれ(25歳)。2016年 立教大学異文化コミュニケーション学部より学士号取得。2014年 英国高等教育機関 Foundation for International Education にて紛争分析・解決プログラム修了、現地の難民支援団体にて支援活動に当たる。2017年 非営利団体「Stand with Syria Japan」設立・代表就任。日本におけるシリア危機の関心向上と意識変革を目指した活動を国内外で展開している。

 


Facebook イベントページhttps://www.facebook.com/events/492509474485995/

 

 

お問い合わせフォーム

 

 

[contact-form][contact-field label=”Name” type=”name” required=”1″ /][contact-field label=”Email” type=”email” required=”1″ /][contact-field label=”ご所属” type=”textarea” /][contact-field label=”Comment” type=”textarea” required=”1″ /][/contact-form]

Stand with Syria Japan

【9月15日開催】第3回「シリーズ “シリアを知る”」『カーキ色の記憶』特別上映会

連続セミナー開催

Stand with Syria Japan – SSJ では、8年目を迎えたシリア危機に対する理解を深めるため、連続セミナー「シリーズ “シリアを知る”:Getting to Know Syria」を展開しております。
シリアに関する報道は一気に減る中、シリアでは現在も殺戮と破壊が続き、この瞬間にも尊い命が奪われています。人びとの尊厳が徹底的に痛めつけられる中、私たち一人ひとりの応答が、いま問われています。

何よりも「知ること」…

第3回となる本セミナーでは、シリア危機の背景について理解を深めることを目的としつつ、2011年の革命以前のシリアの様子から何故革命が起こったのかという部分に焦点を当て、シリアの人びとの「記憶」を丹念に描いたシリア映画『カーキ色の記憶』(2016)を上映いたします。

また、今回のセミナーでは、映画上映や講師陣のお話を通して「シリアの女性」に光を当てます。「シリア女性にとっての弾圧・抑圧経験」や「女性にとっての革命」など、これまで注目されてこなかった重要なテーマに迫ります。

当日の講師には、アラブ政治思想・シリア文化研究者の岡崎弘樹氏、考古学者としてシリアに20年以上暮らされ、シリア女性自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人の山崎やよい氏をお迎えいたします。また、シリアご出身の国際的ジャーナリスト ゼイナ・エルハイム氏(Institute for War & Peace Reporting:IWPR )とスカイプで会場を繋ぎ、女性としてシリアの戦場においてジャーナリストとして活動する困難などご自身のご経験をお話しいただきます。

当日は13時00分よりシリア女性の自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」の商品販売も行います。イブラワハイトについてはページ後半にて。

第3回 『カーキ色の記憶』特別上映セミナー
「シリアにおける女性の経験と実践」

◇ 日時:2018年9月15日(土)13時00分~18時00分(開場13時)
◇ 会場:東京ダイヤビルディング5号館1階TDBホール(中央区新川1-28-23)
(最寄り駅: 東京メトロ[茅場町] |JR京葉線[八丁堀] )
◇ 定員:130名(先着順)
◇ 入場料:1000円
(映画上映、セミナー運営費のためご理解の程よろしくお願い申し上げます)
◇予約不要:直接会場にお運びください

◇『カーキ色の記憶』について
シリアの悲劇は、2011年に始まったわけではない。1980年代にアサド体制に反対した多くの若者が当局に追われ、国を去らざるを得なかった。監督の個人的な物語が、他の4人の語り手の物語と重なり合う。くすんだ軍服に象徴される沈黙や恐怖、戦慄の記憶。赤い風船に託された自由と抵抗。何故シリア社会が爆発し、革命が始まったのか、その背景に迫る。過去を語りながら、未来を見すえるシリア人の物語。


40371608_470289393471436_3417367901034774528_n

◇講師プロフィール:
岡崎弘樹 氏
専門はアラブ近代政治思想・シリア文化研究。中部大学非常勤講師。2003年から2009年にかけて仏研究所研究員や日本大使館の政務アタッシェとしてダマスカスに滞在。2016年にパリ第3大学アラブ研究科で社会学博士号取得。最近は1970 年代以降のシリアの監獄文学や政治演劇、記録映画にも研究対象を広げ、学会発表に加え、各種シンポジウムの基調講演やシリアの演劇・映画の解説なども行っている。
[カーキ色の記憶公式ウェブサイト]

山崎やよい 氏

考古学者。シリア女性の自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人。1989年よりシリア第2の都市アレッポをベースに活動を続ける。テル・アバル、テル・コムロック発掘調査、テル・ハディヤ発掘調査、テル・ベイダル発掘調査、アインダーラ神殿遺跡修復事業などに参加し、シリア国立アレッポ大学考古学科講師を歴任。帰国後もシリアについて、メディアやブログで発信を続けている。
特別ゲスト: ゼイナ・エルハイム 氏 (スカイプによる登壇)
国際的ジャーナリスト。2015年、国境なき記者団より「ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤー」受賞。2016年、 Business アラブ版(Arabian Business)より「最も影響のある100人のアラブ女性」、 トムソン・ロイター(Thomson Reuters)より「2016年 謳われることなきヒーロー(Unsung Heroes )」に選ばれる。また、Index on Censorshipより「2016年 Freedom of Expression アワード」、国境なき記者団より「2016年 Press Freedom 賞」等、数多くの賞を受賞し、国際的に高い評価を受ける。エルヒーム氏は、2014年よりInstitute for War and Peace Reporting(IWPR)にて、シリア・プロジェクト・コーディネーター、シニア・メディア・スペシャリストを歴任し、これまでシリア国内の100人以上のメディア・アクティビストに対してジャーナリズムの基礎についてのトレーニングに当たった。同時に、短編映画シリーズ「シリア反抗する女性たち(Syria Rebellious Women)」や「女性によるシリア日誌(Syria Diaries Told by its Women)」の製作も行った。Zaina
> Facebookイベントページはこちら
※当日のお手伝いをしていただけるボランティアを募集しております。
standwithsyria.j@gmail.comまでご連絡ください。(担当:ヤマザワ)

 

◇プログラム (13:00開場)
13時00分 イブラ・ワ・ハイト 物販
13時30分 開会・趣旨説明 Stand with Syria Japan (SSJ) 代表
13時35分 『カーキ色の記憶』上映
15時25分 休憩
15時35分 映画解説・トークセッション
・岡崎弘樹氏×山崎やよい氏
・映画の登場人物よりビデオ・メッセージの受信
16時25分 質疑応答
16時45分 ゼイナ・エルハイム氏とのスカイプセッション
(Institute for War & Peace Reporting:IWPRシニア・メディア・スペシャリスト)
・質疑応答
17時45分 Stand with Syria Japan (SSJ) による報告
18時00分 閉会 (会場の関係より、イベント後は速やかにご退出願います)

※ 事前予約は不要です、どなた様も直接会場へお越しください。


『カーキ色の記憶』

監督・シナリオ・編集 アルフォーズ・タンジュール
製作 アルジャジーラ・ドキュメンタリー(カタール)
撮影国 シリア、レバノン、ヨルダン、ギリシア、フランス、フィンランド
2016年|108分|アラビア語|BD
配給 アップリンク
配給協力 『カーキ色の記憶』日本上映委員会

製作総指揮・シナリオ ルアイ・ハッファール
制作指揮 イヤード・シハーブ
撮影監督 アフマド・ダクルーブ
音楽 キナーン・アズメ
ドラマトゥルク アリー・クルディー
美術補助 アラシュ・T・ライハーニー リンダ・ザハラ
日本語字幕 額賀深雪 岡崎弘樹
配給 アップリンク

◇受賞
2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞
2017年スウェーデン・マルメ・アラブ・ドキュメンタリー祭最高監督賞
2017年ヨルダン・カラーマ人権映画祭ベスト・ドキュメンタリー賞

◇正式出品作品
ドバイ国際映画祭(UAE)、ホットドックス国際ドキュメンタリー映画祭(カナダ)、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(チェコ)、ダーウィン国際映画祭(オーストラリア)、ベルゲン国際映画祭(ノルウェー)、アラブ映画祭(オランダ)、モンペリエ地中海映画祭(フランス)、ライプツィヒ国際映画祭(ドイツ)、デンバー映画祭(米国)、リスボン国際映画祭(ポルトガル)、広州国際ドキュメンタリー映画祭(中国)、ディアゴナル映画祭(オーストリア)

◇アルフォーズ・タンジュール監督の紹介
シリア人ドキュメンタリー映画監督。1975年生まれ。2000年~2004年、モルドバの芸術アカデミーで映画演出を学ぶ。帰国後、シリア映画総局の監督となり、『小さな太陽』(2008)で2008年カルタゴ映画祭銅賞と2009年ベルギー・モンス映画祭審査員特別賞を受賞。2009年以後、アルジャジーラ・ドキュメンタリー・チャンネルにて記録映画を多数制作。『木製のライフル』(2011/2012)は2013年アルジャジーラ国際ドキュメンタリー映画祭で公的自由・人権賞、2014年中国国際金熊猫ドキュメンタリー祭で最優秀プロダクション金熊猫賞を受賞。2016年、最新作『カーキ色の記憶』も各国映画祭で高い評価を得る。


イブラ・ワ・ハイト

イブラ・ワ・ハイトは、山崎やよいさんを中心に2013年に始動したプロジェクトです。泥沼のシリア紛争で家、仕事、一家の大黒柱、 そして社会インフラなどの生活基盤のほぼすべてを失ったシリア人 女性たちに「針と糸」で収入の道を開く「自活支援」 プロジェクトです。女性たちの独自の技術を活かすべく手芸・刺繍資材を提供し、 製品を適性価格で買い取り、日本等で販路を開拓することで、「針と糸」で収入の道を開くことを目的とされています。
刺繍や作品の一つひとつはシリア女性により丹念に手作りされており、ひと針ひと針に、女性たちの「様々な想い」や「願い」 が込められています。シリアの温かみを直に感じることのできる特別な品々をぜひお求めください。
※会場の関係より当日の物販は13:00~13:30とイベント開催中のみとなりますのでご注意ください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

スクリーンショット 2018-09-11 22.26.25

 

Stand with Syria Japan

【9月9日開催】第2回「シリーズ “シリアを知る”-Getting to Know Syria」

本イベントにご登壇であった国境なき医師団看護師の白川優子氏の登壇は「国境なき医師団の都合により」キャンセルとなりました。
イベントは、登壇者を変更して決行されます。詳細は、以下をご覧ください。


【重要】
皆様、Stand with Syria Japan – SSJ より本イベントに関する大変重要なお知らせがございます。最後までご一読ください。
告知をしております9月9日(日)開催の
「第2回『シリーズ “シリアを知る”』-国境なき医師団看護師 白川優子氏を迎えて-」
ですが、講師としてご登壇予定であった白川優子氏のご登壇が国境なき医師団側の決定により、キャンセルとなりました。

キャンセルの理由は、
「国境なき医師団の都合によるキャンセル」
となります。

SSJ内ではこの事態を受けまして、イベント自体のキャンセルも念頭に協議を行いました結果、9月9日のイベントにつきましては、内容を変更し開催する決定をいたしました。

新講師には、シリア人ジャーナリストのナジーブ・エルカシュ氏とシリア国内で活動する人道支援団体「モルハム・ボランティア・チーム」の副代表アフマド ・アブ=シャアール氏をお迎えいたします。
エルカシュ氏に「独裁政権の元でシリアは平和になれるのか」シリア危機の実態を理解する一助となる基調講演をいただいた上で、スカイプで会場を繋ぎ、アブ=シャアール氏よりイドリブの現状と市民が置かれている状況についての報告を受けます。

現在、シリアではアサド政権側勢力により、反体制派の最後の拠点と言われるイドリブ県の市民が激しい攻撃に晒されています。
過去7年間の戦況においても、比類ない規模での総攻撃となり、市民の犠牲は急激に増えると言われています。既にイドリブ県より住民数百名が政権側による攻撃を恐れ、避難を始めたという情報も入っており、国連や国際人権組織からも強い懸念の声が挙がっています。

私たちとしては、このような重要かつ緊急性の高い状況に際して、人道主義の立場から、何もしないでいるということは出来ません。私たちの目の前で、私たちとなんら変わらない命が無惨にも殺されていく状況に対して、私たちは団体の設立ミッションに従い、イベントを開催し、皆様と共にシリアを考え、この事態に声を上げます。
白川氏のご登壇は叶いませんが、シリアについて知りたい、考えたい、また何かしたいという皆様、どうか会場にお集まりください。
イベント自体がシリアでの市民への攻撃に反対し、成す術の無い人びとに連帯を示す機会となっており、最後には抗議のメッセージと共にフォト・アクションを展開する予定です。一人でも多くの方にお越しただけることを願っております。

◇新プログラム
13:00 開演・趣旨説明
13:05 ナジーブ・エルカシュ氏ご講演 「独裁政権の元でシリアは平和になれるのか」
13:35 質疑応答
13:50 休憩
14:00 アフマド ・アブ=シャアール(モルハム・ボランティア・チーム)による報告
14:40 質疑応答
15:05 Stand with Syria Japan 広報 佐々木千春による引退のご挨拶「シリアに無縁の私とSSJ」
15:10 総括 Stand with Syria Japan 代表 山田一竹 「私たちにできること:シリア連帯運動の展開と展望」
15:20 イドリブ県への攻撃への反対表明・連帯アクション
15:30 閉会
———
プログラムは仮のものとなります。変更が生じる可能性も予めご了承ください。

◇日時・会場 (変更はございません)
9月9日(日)13時より開演
東大駒場キャンパス 21KOMCEE EAST 2階211教室
(最寄りは駒場東大駅)
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html

◇講師プロフィール:ナジーブ・エルカシュ氏 (Najib El-Khash)
ジャーナリスト、リサーラ・メディア代表
1973年シリア生まれ。1997年に来日。東京大学大学院、名古屋大学大学院にて映画理論を研究。
1998年から日本や北東アジアを取材し、アラブ諸国やヨーロッパのメデイアに取材を配信。
日本のテレビ番組にも出演(BS-TBSの『外国人記者は見た!』、東京MXテレビの『モーニング・クロス』、テレ朝の『世界が驚いたニッポン!』、日本テレビの『NEWS ZERO』など)
文化交流の分野にも活動してる(東京アラブ映画祭の企画アドバイザーなど)
リサーラ・メディアの公式ホームページwww.risala.tv

◇アフマド ・アブ=シャアール氏(Ahmad Abu Shaar)
「モルハム・ボランティア・チーム」副代表、プログラム・マネジャー。2012年のモルハム・チーム設立者の一人。
・モルハム・ボランティア・チーム (Molham Volunteering Team)
SSJのシリア側のカウンターパートナーの一団体。「モルハム・チーム」は、シリア市民によるボランティアグループで、シリア国内で爆撃などの影響を受けた地域、ヨルダン・トルコなど周辺国に暮らす難民の方々への人道支援、紛争孤児への教育支援などを展開する。これまでに、国連や国際NGOが支援できない地域でも積極的な支援活動を続けてきており、国内外からその人道主義を高く評価されている。
・設立のストーリー
内戦下のシリア国内で、市民の支援を続けていた一人のシリア人の若者がいました。彼の名はモルハム・トライフィー(Molham Traifi)。命がけで市民の支援を続けた彼は、2012年に政権側の爆撃で命を落としました。同じ志を持つシリアの友人たちは、彼の意志を引き継ぎ、彼を決して忘れないために、2012年10月6日に「モルハム・チーム」を設立しました。
チームでは、現在100人を超えるシリア国内外から集まったボランティアが活動しています。
https://molhamteam.com/en/ (英語)

◇イベントウェブページ:
https://standwithsyriajp-en.com/2018/09/01/ssj_seminar2_0909/
◇イベントFacebookページ:
https://www.facebook.com/events/2163107143977932/

Stand with Syria Japan
代表 山田一竹
理事 山澤宗市


何よりも「知ること」…

第2回となる本セミナーでは、シリア内戦についての理解を深めることを目的としつつ、「内戦を生きる人びと」に焦点を当てています。
講師は、シリアで国境なき医師団看護師として、幾度にも渡り医療活動を行われてこられた白川優子さんとなります。
膨大な内戦の犠牲者の数の裏にある一人ひとりの命に寄り添い続けてこられた白川さんのお話を伺う大変貴重な機会となります。
※ 事前予約は不要です、どなた様も直接会場へお越しください。

第2回「シリーズ ‘シリアを知る’ : Getting to Know Syria」
-医療現場で何が起きたのか/起きているのか?
日時:2018年9月9日(日)13時00分~15時30分(開場:12時30分)
会場:東京大学駒場キャンパス21KOMCEE EAST 2階 211教室(最寄り駅: 駒場東大前駅)
定員:110名(先着順)
資料代:500円
(連続セミナー運営費のためご理解の程よろしくお願い申し上げます)
予約不要:直接会場にお運びください
◇講師プロフィール:白川優子 氏
国境なき医師団看護師。1973年生まれ、埼玉県出身。日本とオーストラリアで計10年の看護師の経験を積んだのち、
2010年に国境なき医師団に参加。シリア、イエメン、イラク、南スーダン、パレスチナなど、主に世界の紛争地で活動。
シリアでは内戦勃発直後の2012年から4度ほど派遣され2017年にはラッカ陥落時に空爆と地雷から逃げてきた一般市民を多数受け入れ医療活動を施した。2018年7月6日に著書 「紛争地の看護師」(小学館) を刊行。
現在、集英社が刊行する情報・知識&オピニオンサイトImidasにて連載中。

 Facebookイベントページはこちら


白川優子さん関連記事

Nippon.com「白川優子:『国境なき医師団』の看護師として伝えたいこと」
https://www.nippon.com/ja/people/e00149/
文春オンライン「焦げた子どもの遺体が転がっていても……彼女が紛争地に向かう理由」
http://bunshun.jp/articles/-/8524
SHOGAKUKANch「戦争は今も世界で起きている――『紛争地の看護師』著者が語る」(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=GaX3BJ1RhnA

※当日のお手伝いをしていただけるボランティアを募集しております。
standwithsyria.j@gmail.comまでご連絡ください。(担当:ヤマザワ)
Stand with Syria Japan

【終了】ダラア避難民へ支援を届けるための緊急支援金アクション(パートナー:モルハム・ボランティア・チーム)

36643271_1996794200354746_2371226619210629120_n

緊急支援金の募集    (English to Follow)

2018年7月7日現在、政権側勢力による激しい空爆と戦闘が激化しているシリア南部ダラア(Daraa)より「避難」した人びとは33万人に迫ると言われています。そのうち6万を超える方が、ヨルダンとの国境地帯に逃れていますが、現在ヨルダンが国境を閉ざしているため、「足止め」状態となっています。(以下、彼らを「ダラア避難民」と呼称させていただきます)
最高気温が40度になる炎天下の中、人びとは十分な水も食料も無いという深刻な状況に直面しています。Stand with Syria Japan – SSJ では、この事態を受け、「ダラア避難民」への緊急支援金の募集を呼び掛けております。
緊急性を鑑みて、募集期間を7月14日(土)の一週間に限定しております

→送金の関係で7月16日(月曜日)までにご入金いただいた分は支援として届けることが出来ることになりました。引き続き皆様のご支援を心からお待ち申し上げております。
※国境の状況により、募集期間中であっても早く打ち切る可能性もございますこと、ご了承ください。
(ヨルダンは現在国連を始めとして、国境の解放を求められています)
支援金:私どもSSJが募った支援金の全ては、シリア市民による人道支援組織「モルハム・ボランティア・チーム(MOLHAM  VOLUNTEERING TEAM)」へ届けられます。「モルハム・チーム」は、現在国境に足止めされている人びとを対象に、緊急人道支援に必要な資金を募集しており、インターネット上でクラウド・ファンディングを行っています。
SSJでは、モルハム・チームと議論した結果、まとまった支援金を手数料が少ない銀行送金という方法で届けることを選択し、今回は私どもで支援金募集の緊急アクションを展開し、まとめて送金するという選択をしております。
※送金にかかる手数料などはすべて、SSJが支払うため、募った「全ての支援金」を届けます

 

 

支援物資

食料、水、幼児へのミルクなど生き延びるために必要な最低限の物資

支援の方法

支援金は、SSJの銀行口座(三菱UFJ)にお振込ください。

銀行名:三菱UFJ銀行(普通預金)
支店名:下北沢支店
支店番号:127
口座番号:0482068

口座名義:スタンドウイズシリアジヤパン

※お振込人名義の前に「ダラア」と記載ください

ご事情により口座振り込みが出来ない場合などございましたら、standwithsyria.campaign@gmail.comまでご連絡いただけますと幸いでございます。

モルハム・チームについて

内戦下のシリア国内で、市民の支援を続けていた一人のシリア人の若者がいました。彼の名はモルハム・トライフィー(Molham Traifi)。命がけで市民の支援を続けた彼は、2012年に政権側の爆撃で命を落としました。同じ志を持つシリアの友人たちは、彼の意志を引き継ぎ、彼を決して忘れないために、2012年10月6日に「モルハム・チーム」を設立しました。
モルハム・チームは、シリア市民によるボランティアグループです。主に、シリア国内で爆撃などの影響を受けた地域、ヨルダン・トルコなど周辺国に暮らす難民の方々への人道支援、紛争孤児への教育支援などを展開しています。
これまでに、国連や国際NGOが支援できない地域でも積極的な支援活動を続けてきており、国内外からその人道主義を高く評価されている団体です。
チームでは、現在100人を超えるシリア国内外から集まったボランティアが活動しています。

「モルハム・チーム」のウェブサイト:https://molhamteam.com/en/ (英語)


支援後の報告

集まった後支援金の全ては、SSJにより責任を持って集計され、その全額の銀行送金証明を公開いたします。また、モルハム・チームから届く支援状況を、ウェブサイトや、定期的に開催されているSSJ連続セミナー「シリーズ “シリアを知る”」内で報告します。

 

IMG_2302

ヨルダン国境で足止めされる「ダラア避難民」の人びと


「ダラア避難民」の人びとが直面する状況は、我々の想像を絶するレベルです。もとよりこの爆撃と戦闘作戦を中止する必要がありますが、一刻も早い支援を彼らに届けることが求められています。そのための支援資金募集にどうか皆さまのお力をお貸しください。

PDF版チラシ:SSJ_ダラア緊急支援アクション
本件に関するお問い合わせ:  standwithsyria.campaign@gmail.com


Emergency Action for Displaced People from Daraa

Due to the intensive attacks on Daraa Province by the Regime and its allies, tens of thousands were forced to escape from the shelling. The UN has warned that around 300,000 people were forced to flee their homes and many of them stranded at the Jordanian border area.

The humanitarian situation at the border area is unimaginably terrifying under the blazing sun, people are not able to access to enough water, food and medical care…
For this urgent matter, Stand with Syria Japan (SSJ)  is raising money to support the displaced people. We are cooperating with the Syrian civil volunteering organisation “Molham Team” to send basic humanitarian aid such as water, food, milk for kids and medicine.

How to Donate?

Please send the donation to SSJ bank account:
—-
Bank Name:Mitsubishi UFJ
(Saving Account)
Branch Name:Shimokitazawa
Branch Number:127
Account Number: 0482068
Account Name:スタンドウイズシリアジヤパン
※Please write ‘Daraa’ before the payer’s name
—-
Closing Date:14th July (Sat.)
Closing date has changed to 16th July (Mon.) 

Let’s together stand by the displaced people and help to secure their basic necessities. Those people are no different from each one of us. They are just demanding things we take for granted every day.
Our support could make a small but significant difference for their tomorrow.

SSJ_Action4Daraa_Flyer

PDF Flyer: SSJ_Action4Daraa_Flyer(EN)
Contact Us: standwithsyria.campaign@gmail.com

 

 

 

 

 

Stand with Syria Japan