• info@standwithsyriajp.com

シリア革命8周年特別シンポジウム:−自由への道のり。真の解放を求めて−

シリア革命8周年特別シンポジウム:−自由への道のり。真の解放を求めて−

Stand with Syria Japanでは、シリア革命から8年という節目を考える特別シンポジウムを開催いたします。

 
◇趣旨・内容
2011年3月に平和的革命に立ち上がったシリア国民は、8年に及ぶ殺戮と破壊に晒された。50万の犠牲者、1100万の避難民、20万以上の失踪者を生んだ、「今世紀最悪の人道危機」は決して過去の出来事ではない。新たな年を迎えて早々の2月、イドリブやハマ地域の市民は、地獄のような日々を生かされた。連日連夜続く爆撃や国際的に禁止された非人道兵器により幼い子どもを含む大勢の人びとが焼き尽くされた。シリア革命から8年という節目に際して開催される本特別シンポジウムでは、各方面で活躍する専門家を迎え、この8年を時系列的に振り返り、さらに、終わらない悲劇の中を生きるシリア市民が求め続ける真意を考え、シリアの未来を徹底的に議論する企画である。「革命と内戦は何だったのか」、「シリアで何が起きているのか」、「シリアはどこへ向かっているのか」、「シリアに平和はもたらされるか」、「今、人びとが求めているものとは」という緊急性の高い問いを来場者と共に考えたい。
また、本シンポジウムは、自由と尊厳という「人間としての権利」を求め立ち上がったシリア市民、そして8年に及ぶシリア危機で犠牲となった全ての人びとに捧げられる。
 
◇プログラム
13:30 開場・受付 
14:00 開会挨拶 Stand with Syria Japan理事 山澤宗市

第1部 革命
14:05 「サウラの記憶:恐怖と沈黙の壁を越えて」
山田一竹(Stand with Syria Japan代表)

14:25 「<内方浸透>に抗うシリアの記録映画」
岡崎弘樹(アラブ近代政治思想・シリア文化研究)

14:55 休憩

−特別登壇企画−
15:05 「革命は終わらない」 “シリア人特別ゲスト” [スカイプ登壇]

第2部 内戦
15:50 「失われた故郷:アレッポで見たもの」
藤原亮司(ジャーナリスト|ジャパンプレス所属)
山崎やよい(イブラ・ワ・ハイト発起人、考古学者)

16:30 「シリア内戦:報道と真実」
黒井文太郎(軍事ジャーナリスト)

17:00 休憩

第3部 ディスカッション
17:10 「徹底討論:シリアはどこへ向かうのか」
岡崎弘樹×黒井文太郎×藤原亮司×山崎やよい×ナジーブ・エルカシュ×山田一竹
モデレーター:山澤宗市

18:10 会場との質疑応答
18:40 閉会

※プログラムはやむを得ない事情により変更する可能性がありますこと、予めご了承ください。

 
◇ 日時:2019年3月23日(土)14時00分~18時40分
(開場:13時30分)
◇ 会場:早稲田奉仕園リバティホール(最寄り駅: 東京メトロ東西線:早稲田駅|東京メトロ副都心線:西早稲田駅)
https://www.hoshien.or.jp/map/
◇ 定員:100名(先着順)
◇入場料:1500円
シリア女性自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」の『くるみボタン』付き。ボタンはシリアの女性が手作りで一つひとつ、一針ひと針に想いを込めたシリアの温もりを感じられる素敵な作品です。シリア支援に繋がります。
※ 種類はこちらで選ばせていただくことを予めご了承ください。
 
◇予約不要:直接会場にお運びください
 
◇主催:非営利団体 Stand with Syria Japan – SSJ
お問い合わせ:info@standwithsyriajp.com
 
—登壇者プロフィール(登壇順)—
岡崎弘樹
専門はアラブ近代政治思想・シリア文化研究。中部大学非常勤講師。2003年から2009年にかけて仏研究所研究員や日本大使館の政務アタッシェとしてダマスカスに滞在。2016年にパリ第3大学アラブ研究科で社会学博士号取得。最近は1970 年代以降のシリアの監獄文学や政治演劇、記録映画にも研究対象を広げ、学会発表に加え、各種シンポジウムの基調講演やシリアの演劇・映画の解説なども行っている。最新の論文に「シリアの記録映画に描かれる<崩壊>の経験−記憶、表象、他者をめぐる創造空間」『唯物論研究年誌第23号 21世紀の<マルクス>』大月書店。

藤原亮司
ジャーナリスト(ジャパンプレス所属)。1967年、大阪府生まれ。1998年からパレスチナ問題の取材を行い、シリア、レバノン、コソボ、アフガニスタン、イラク、ヨルダン、トルコなどにおいて「紛争地に生きる人びと」を中心に紛争難民問題を取材。国内では在日コリアン、東日本大震災や原発被害の取材を行っている。著書に『ガザの空の下――それでも明日は来るし人は生きる』(2016年、dZERO(インプレス))。

山崎やよい
考古学者。シリア女性の自活支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人。1989年よりシリア第2の都市アレッポをベースに活動を続ける。テル・アバル、テル・コムロック発掘調査、テル・ハディヤ発掘調査、テル・ベイダル発掘調査、アインダーラ神殿遺跡修復事業などに参加し、シリア国立アレッポ大学考古学科講師を歴任。20年以上を暮らしたシリアからの帰国後も、シリアについてメディアやブログで発信と解説を続けている。

黒井文太郎
横浜市立大学国際関係課程卒業。講談社編集者を経てフリーランスの国際紛争専門フォトジャーナリストとして活動。ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住し、紛争地取材を行う。その後、月刊『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、軍事ジャーナリスト。シリア内戦に関しても積極的な発信、分析を行っている。
主な著書に 『イスラムのテロリスト』(講談社:2001年)、『世界のテロと組織犯罪』(ジャパンミリタリーレビュー:2001年)、 『日本の情報機関』(講談社:2007年)、『ビンラディン抹殺指令』(洋泉社:2011年)、 『イスラム国の正体』(講談社:2014年)など軍事・インテリジェンスに関する著書多数。

ナジーブ・エルカシュ
シリア人ジャーナリスト、リサーラ・メディア代表。1973年シリア生まれ。1997年に来日。東京大学大学院、名古屋大学大学院にて映画理論を研究。1998年から日本や北東アジアを取材し、アラブ諸国やヨーロッパのメデイアに取材を配信。日本のテレビ番組にも多数出演(BS-TBSの『外国人記者は見た!』、東京MXテレビの『モーニング・クロス』、テレ朝の『世界が驚いたニッポン!』、日本テレビの『NEWS ZERO』など)、さらに文化交流の分野にも活動してる(東京アラブ映画祭の企画アドバイザーなど)。

山田一竹
Stand with Syria Japan代表。東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム修士課程在籍(ジェノサイド研究)。2014年 英国FIEにて紛争分析・解決プログラム修了、現地の難民支援団体にて支援活動に当たる。2017年 非営利団体「Stand with Syria Japan」設立・代表就任。日本におけるシリア危機の関心向上と意識変革を目指した活動を展開すると同時に、シリアにおける集団抹殺と市民革命について研究。

 
 
◆会場での物販紹介
⑴「イブラ・ワ・ハイト」製品
イブラ・ワ・ハイトは、山崎やよいさんを中心に2013年に始動したプロジェクトです。泥沼のシリア紛争で家、仕事、一家の大黒柱、 そして社会インフラなどの生活基盤のほぼすべてを失ったシリア人 女性たちに「針と糸」で収入の道を開く「自活支援」 プロジェクトです。女性たちの独自の技術を活かすべく手芸・刺繍資材を提供し、 製品を適性価格で買い取り、日本等で販路を開拓することで、「針と糸」で収入の道を開くことを目的とされています。
刺繍や作品の一つひとつはシリア女性により丹念に手作りされており、ひと針ひと針に、女性たちの「様々な想い」や「願い」 が込められています。
当日は、出回っていない特別な製品も販売されます!
⑵エイハム・アハマド アルバムCD「ヤルムーク 希望の音楽」
4月に日本に初来日した「シリア 戦場のピアニスト」として知られるエイハム・アハマドさんのアルバムCDとなります。エイハムさんはヤルムーク難民キャンプの瓦礫の中で、人びとを励ますために戦火の中ピアノの弾き語りを続けました。曲は、亡くなった友人がエイハムさんに託したものや、故郷を想ったものです。エイハムさんは「このアルバムCDは、ただ平和に生きることを願う、僕の声なき仲間たち全てに捧げられます」と語られました。
今回は特別価格での販売となります!
 
物販は全てシリアの人びとの直接支援につながります。ぜひ会場でお求めください!
SSJ、2018年度最後のイベントとなる本シンポジウムでは、各方面で活躍される専門家をゲストにお迎えし、それぞれのご専門から質の高いご講演をいただくと同時に、シリア危機を懸命に生きる人びとの「現在と未来」を徹底的に議論する大変重要な機会となります。
「シリアで何が起きていたのか」、「今、シリアはどこへ向かっているのか」、「人びとが求めるものとは」。共に考えませんか?
スタッフ一同、皆様のお越しをお待ち申し上げております。
Stand with Syria Japan

We are a Non-Profit Organisation focuses on a series of “Syria Crisis” which have been continuing since 2011 that supports all Syrian civilians who are affected by the crisis. Strictly non-profit, apolitical, non-religious organization, led purely by the Sense of Humanity. * An official member of J-FUN (Japan Forum for UNHCR and NGOs) 私たちは2017年4月に発足したStand with Syria Japanは、シリアに寄り添うための非営利団体です。 当団体の活動の全ては非営利・非政府・非宗教目的で”The Sense of Humanity”により運営されています。 *J-FUN(Japan Forum for UNHCR and NGOs―日本UNHCR・NGO評議会)加盟団体です。

メッセージを残す