• info@standwithsyriajp.com

【冬の緊急キャンペーン】シリア国内避難民への緊急支援

【冬の緊急キャンペーン】シリア国内避難民への緊急支援

冬の緊急支援金の募集   

シリア北部はこの冬、これまでにない大嵐や大洪水に見舞われています。凍てつく寒さの中、シリア国内の避難キャンプで暮らさざるを得ない人びと(国内避難民)は、650万を超えるとされています。
中でもシリア北部(アレッポ北部:非アサド政権支配下)に位置する、デール・バッルート(Deir Ballout)避難民キャンプとアル・ムハマディッヤ(Al-Muhammadiyah)避難民キャンプには、900家族以上が避難しており、極度の困窮状態におかれています。
7月7日にSSJが開催した「シリーズ “シリアを知る”」では、デール・バッルートキャンプに暮らす住民の方と協力して、ビデオ中継を行い、キャンプの凄惨な状況を報告いたしました。
トルコ政府の人道支援機関とトルコ赤新月社により運営されているこれらのキャンプでは、水、食料、医療が完全に不足していることに加えて、共同トイレなどの管理もままならず不衛生な状態です。
また、避難民の暮らすテントは非常に簡素な造りの仮設テントで寒さを凌ぐ設備は灯油ストーブのみです。
Stand with Syria Japan – SSJ では、この事態を受け、 2つのキャンプへの緊急支援金を募集いたします。

緊急性を鑑みて、募集期間を1月31日(木)に限定させていただきます。
キャンプの状況がさらに悪化しているため、2月7日(木)まで延長いたします。

支援金経路

私どもSSJが募った支援金の全ては、SSJのパートナー組織である人道支援組織「モルハム・ボランティア・チーム(MOLHAM VOLUNTEERING TEAM)」へ届けられます。「モルハム・チーム」は、シリア国内の避難民キャンプで活動ができる数少ない組織で、現在もデール・バッルート避難民キャンプとアル・ムハマディッヤ避難民キャンプで支援活動を展開しています。

SSJでは、モルハム・チームと議論した結果、まとまった支援金を手数料が少ない銀行送金という方法で届けることを選択し、今回は私どもで支援金募集の緊急アクションを展開し送金、その資金をモルハムチームが物資に変え避難民の方々へ届けます。

※2018年7月に実施した夏の緊急キャンペーンでもモルハム・チームと協力し、皆様からご支援いただいた23万円全額をシリア現地に届け、避難民の方々の飲料水に充当いたしました。

 

支援物資

暖房用灯油、ブランケット(毛布)など凍死せずに冬を超えるために必要な最低限の物資。

支援方法

支援金は、SSJの銀行口座(三菱UFJ)またはPayPal(クレジットカード決済)にて受付けております。

(1) 銀行振込
銀行名:三菱UFJ銀行(普通預金)
支店名:下北沢支店
支店番号:127
口座番号:0482068
口座名義:スタンドウイズシリアジヤパン

※お振込人名義の前に「キヤンプ」とご記載ください

(2) PayPal [クレジットカード決済]
ペイパルの振込先URL: paypal.me/standwithsyriajapan
現在アカウント移行作業中のため、表示名がSSJの代表である「Yamada Icchiku」と表示されますが、アカウントはSSJのものとなりますので、このままお振込ください。

※PayPalアカウントをお持ちでない方もクレジットカードをお持ちであれば5-10分ほどで登録が完了します。PayPalは世界中で利用されるアメリカ発のサービスです。とても簡単かつ安全にクレジットカード決済が可能となります。ご登録はこちらからhttps://www.paypal.com/jp/home

ご事情により支援金のお振込みが出来ない場合などございましたら、standwithsyria.j@gmail.comまでご連絡いただけますと幸いでございます。


支援期間

2019年1月20日から2月7日までの限定期間で募集させていただきます。


モルハム・チームについて

内戦下のシリア国内で、市民の支援を続けていた一人のシリア人の若者がいました。彼の名はモルハム・トライフィー(Molham Traifi)。命がけで市民の支援を続けた彼は、2012年に政権側の爆撃で命を落としました。同じ志を持つシリアの友人たちは、彼の意志を引き継ぎ、彼を決して忘れないために、2012年10月6日に「モルハム・チーム」を設立しました。

モルハム・チームは、シリア市民によるボランティアグループです。主に、シリア国内で爆撃などの影響を受けた地域、ヨルダン・トルコなど周辺国に暮らす難民の方々への人道支援、紛争孤児への教育支援などを展開しています。

これまでに、国連や国際NGOが支援できない地域でも積極的な支援活動を続けてきており、国内外からその人道主義を高く評価されている団体です。
SSJではモルハム・チームと2018年7月よりパートナー関係を結んでいます。
「モルハム・チーム」のウェブサイト:https://molhamteam.com/en/ (英語)

 

支援後の報告

集まった後支援金の全ては、SSJにより責任を持って集計され、その全額の銀行送金証明を公開いたします。また、モルハム・チームから届く支援状況を写真と共にウェブサイトとSSJ主催イベント内で報告いたします。


「シリア国内避難民キャンプ」で冬を迎えている人びとが直面する状況はこれまで以上に過酷なものとなっています。キャンプに暮らす方は「この寒さの中、あとどれだけ苦しめばいいのだろうか」と明日を生きる希望すら失いかけています。この冬、すでにデールバッルートキャンプでは死者も出ています。一刻も早い支援を彼らに届けることがいま求められています。どうか皆様、支援資金募集にお力をお貸しください。

 


本件に関するお問い合わせ:  standwithsyria.j@gmail.com

 

Stand with Syria Japan

We are an Non-Profit Organisation focuses on a series of “Syria Crisis” which have been continuing since 2011 that supports all Syrian civilians who are affected by the crisis. Strictly non-profit, apolitical, non-religious organization, led purely by the Sense of Humanity. * An official member of J-FUN (Japan Forum for UNHCR and NGOs) 私たちは2017年4月に発足したStand with Syria Japanは、シリアに寄り添うためのNPO法人です。 当団体の活動の全ては非営利・非政府・非宗教目的で”The Sense of Humanity”により運営されています。 *J-FUN(Japan Forum for UNHCR and NGOs―日本UNHCR・NGO評議会)加盟団体です。

メッセージを残す