• info@standwithsyriajp.com
Sleek & Beautiful

OUR WORK

Japan to Syria to Shed Light on the Lives.

Sleek & Beautiful

Syria Event

イベント事業:日本におけるシリア危機の関心向上・意識変革のため、講演会、映画上映会、学術シンポジウム、展覧会、芸術・文化交流など「シリア・イベント」の開催・運営を行っています。年度ごとにメイン・テーマを設けています。| We organise "Syria Event": seminars, symposiums, film screenings, art & cultural festival to deepen understanding of the Syria crisis and to raise awareness of the Japanese public.

Sleek & Beautiful

Emergency Action

シリア危機支援事業:シリアでは緊急的な人道危機・難民危機が日々発生しています。この中でも緊急性が高い危機状況に対応するため、シリア国内と周辺国で緊急人道支援を行うカウンターパートナー組織を日本よりアシストしています。|In Syria, there have been numerous humanitarian crises occuring everyday. When "acute crisis situation" occurs, we provide emergency assistance to our counter partners in and around Syria.

Sleek & Beautiful

Advocacy

アドボカシー事業:シリア危機を公平に理解するためにイベントやメディアを通して、情報・提言発信を行っています。また、適切な対シリア政策を求め、日本政府機関・営利企業に対しても、政策提言・要請を行います。|Our advocacy activity through events, and media ensures 'the crisis through the Syrian civilians'. We also advocate the Japanese government and enterprises for the right policies towards Syria.

Solidarity Campaign

We are standing with all Syrians who believe in Freedom, Justice, and Dignity.

Sleek & Beautiful

14 April, 2018

#StandwithSyria with surrounding the Pianist of Yarmouk: Aeham Ahmad in Tokyo. Even if the entire world has abandoned Syria, we will never stop standing with people of Syria.|シリア ヤルムーク出身のピアニスト エイハム・アハマド氏を囲んで。たとえ世界がシリアを見捨ても、私たちは決して彼らを見捨てることはないという想いを込めて。

Sleek & Beautiful

9 September, 2018

#EyesOnIdlib to protest the future attacks on Idlib area and to show our solidarity with the people demanding dignity in Idlib. With the participants of SSJ seminar at the University of Tokyo. |イドリブへの総攻撃への反対表明とイドリブにおいて尊厳を求めるために抗議を続ける人びとへの連帯を込めて。東京大学にて開催したSSJセミナーの参加者の皆様と。

Sleek & Beautiful

27 October, 2018

#StandwithSyria after the screening of "Last Men in Aleppo" in Tokyo. Let us assure to remember the fall of Aleppo; fall of humanity... |『アレッポ最後の男たち』上映シンポジウム後。アレッポの陥落、人道主義の凋落を忘れないために。

Sleek & Beautiful

14 September, 2018

Response to our #EyesOnIdlib campaign (9th Sep.) from Idlib. Banner by Qutaiba Bareesh and captured by Mahmoud Bakkour. This shows the solidarity is not meaningless at all.|SSJによる#EyesOnIdlibキャンペーンに対して感謝を示す写真がイドリブから届きました。 9月14日金曜の抗議デモにて。Qutaiba BareeshとMahmoud Bakkourに感謝を込めて。連帯は決して無駄ではありません。

UPDATES

2018年10月5日 No Comments

【10月27日開催】シリア −引き裂かれた命、過去と未来−「アレッポ最後の男たち」上映会・シンポジウム

Stand with Syria Japan – SSJ では、10月27日(土)に、シリア危機をそこに生きる…

2018年9月3日 No Comments

【9月15日開催】第3回「シリーズ “シリアを知る”」『カーキ色の記憶』特別上映会

連続セミナー開催 Stand with Syria Japan – SSJ では、8年目を迎えたシリア危機に対…

2018年9月1日 No Comments

【9月9日開催】第2回「シリーズ “シリアを知る”-Getting to Know Syria」

本イベントにご登壇であった国境なき医師団看護師の白川優子氏の登壇は「国境なき医師団の都合により」キャンセルとな…